病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

どの歯が一番最初に生えますか?

Q-green

どの歯が一番最初に生えますか?

A-blue

まず、下顎乳中切歯という下あごの真ん中2本の前歯が一番先に生えてきます。生える時期は個人差がありますが、生後8か月くらいです。最も遅く生えてくる乳歯は第二乳臼歯で、生える時期は2才から2歳半くらいです。永久歯においては第一大臼歯という奥歯か下顎中切歯という前歯が、6才から7才くらいで生えてきます。

ヒトの歯は、おなかの中の小さな赤ちゃんのころから作られ始めます。妊娠8~9週(胎生6~7週)の歯堤期と呼ばれる時期に歯胚という歯と歯の周りの組織のもとになるものが最初に作られます。そこから蕾状期→帽状期→鐘状期という過程を経て、成長していきます。生後1か月半くらいで歯冠という口の中で見えている部分が完成し、歯の根は1才半~2才くらいに完成します。

また、注意しなくてはならない病気にリガフェーデ病という舌の裏に傷ができてしまうものがあります。出産時や新生児期に生えている先天性歯の先端が、粘膜にあたることで起こります。舌の裏の傷が原因で哺乳障害を起こすことがあります。また、母親の乳首を傷つけてしまうこともあります。治療としては、粘膜への刺激を取り除くために、まずは歯の先端を削って丸みをもたせます。

【文責】医療法人ウィスタリア歯科クリニック 、監物 真

気になる症状がある場合は、近くの病院を探しましょう

どの歯が一番最初に生えますか?は、小児歯科に相談しましょう。

下記お問い合わせフォームの表示に時間がかかる場合がございます。 表示されない場合、このページを開いたまま、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
なお、それでも下記のフォームが動作しない場合、恐れ入りますが support@byoinnavi.jp 宛に問い合わせください。

Danger「歯医者さんに聞いたQ&A」について

  • 本コンテンツは、NPO法人歯科医学教育国際支援機構(OISDE)のご協力のもと提供しております。
  • 本コンテンツの著作権はNPO法人歯科医学教育国際支援機構(OISDE)が保有し、日本国の著作権法及び国際条約によって保護されています。本コンテンツの全部又は一部を著作権者の許諾なく利用することは法により禁止されています。営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止します。
  • 本コンテンツの内容については、専門家の監修のもと、細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。
  • また、病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。
  • 本コンテンツで得られた情報の利用に関しては、皆様ご自身の責任において、ご利用下さいますようお願い申し上げます。詳細については、当サイトの利用規約をご確認ください。