病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

歯間ブラシ、デンタルフロスの使い方を教えてください。

Q-green

歯間ブラシ、デンタルフロスの使い方を教えてください。

A-blue

歯間ブラシ、デンタルフロスに共通する点は通常の歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間の清掃が有意に行えるということです。歯ブラシと併用することで歯垢の除去率は95%にまでUPするともいわれています。

歯間ブラシの使い方
歯間ブラシを歯と歯の間に歯肉を傷つけないようにゆっくり挿入し、前後に3~4回動かします。奥歯は頬側と舌側から行うと効果的です。
歯間ブラシのサイズはSSS~Lまで様々なサイズがあります。
歯間のサイズは一人一人異なります。合わないサイズを使用していると、歯肉を傷めたりする原因にもなりますので最初は歯科医師か歯科衛生士に自分に合ったサイズを選んでもらうのが良いと思います。

デンタルフロスの使い方
まず40cm位にフロスを取り、端を指にクルクル巻きつけます(中指がいいでしょう)フロスを短めに持ちピンと張ります。フロスを歯に引っ掛けるようにして上下に数回移動させ歯の側面の清掃を行います。挿入の際に気を付けないとフロスが勢いよく入り歯肉を傷つけてしまうため注意してください。
難しい場合には、ホルダー付のタイプもあります。最近では電動のデンタルフロスのエアーフロスもあります。

【文責】滝沢歯科クリニック、院長:滝沢賢太

気になる症状がある場合は、近くの病院を探しましょう

歯間ブラシ、デンタルフロスの使い方を教えてください。は、歯科,小児歯科に相談しましょう。

下記お問い合わせフォームの表示に時間がかかる場合がございます。 表示されない場合、このページを開いたまま、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
なお、それでも下記のフォームが動作しない場合、恐れ入りますが support@byoinnavi.jp 宛に問い合わせください。

Danger「歯医者さんに聞いたQ&A」について

  • 本コンテンツは、NPO法人歯科医学教育国際支援機構(OISDE)のご協力のもと提供しております。
  • 本コンテンツの著作権はNPO法人歯科医学教育国際支援機構(OISDE)が保有し、日本国の著作権法及び国際条約によって保護されています。本コンテンツの全部又は一部を著作権者の許諾なく利用することは法により禁止されています。営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止します。
  • 本コンテンツの内容については、専門家の監修のもと、細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。
  • また、病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。
  • 本コンテンツで得られた情報の利用に関しては、皆様ご自身の責任において、ご利用下さいますようお願い申し上げます。詳細については、当サイトの利用規約をご確認ください。