病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

前歯と奥歯はどうして形が違うのですか?

Q-green

前歯と奥歯はどうして形が違うの?

A-blue

簡単に言ってしまえば歯の役割が違うからです。

長い人類の進化の過程で歯もいろいろな変化をしてきました。硬い穀類や生の肉を齧っていた頃の私たちの祖先は大臼歯が4本もありました。今はせいぜい3本で最後の第三大臼歯は親不知とも言われ、最近ではまともに生えてこない人がほとんどになってしまいました。柔らかい食物を摂るようになって顎がどんどん小さくなってしまったからです。

さて、前歯の役割は食べ物を切ること、犬歯は最も頑丈な歯で食べ物を捕まえる役目があります。ライオンは犬歯に相当する長い鋭い牙で獲物を捕らえ、噛み切ると、そのまま飲み込んでしまいます。肉食の動物はこの牙が良く発達しています。ですから、前歯はスコップのような形をしています。この形は食べ物を切り裂くには好都合です。

臼歯は噛み砕く役割です。前歯で切り裂いた食べ物を今度は臼歯で細かく砕いて、さらに唾液で柔らかくしてから喉から胃に送ります。そういった過程を「消化」と言いますが、歯は正に人が健康に生きてゆく栄養摂取の入り口を担っているわけです。馬や牛は草食で、藁のようなものを奥歯で臼を挽くようにいつまでも噛んでいます。ですから馬や牛の臼歯は真っ平らです。

人間は雑食動物の代表です。肉も食べれば果物からお米まで何でも食べることができます。ですから、人間の臼歯は大変複雑な形態をしています。生えたばかりの臼歯は鋭い山と谷の形が明瞭です。しかし、年齢を重ねるにしたがってすり減ってきて、高齢者になると馬か牛の歯のように平らになってしまい、硬いものが噛みづらくなってしまいます。

【文責】医療法人社団ペリオ会 宮田歯科医院 、院長:宮田 隆

気になる症状がある場合は、近くの病院を探しましょう

前歯と奥歯はどうして形が違うのですか?は、歯科,小児歯科に相談しましょう。

下記お問い合わせフォームの表示に時間がかかる場合がございます。 表示されない場合、このページを開いたまま、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
なお、それでも下記のフォームが動作しない場合、恐れ入りますが support@byoinnavi.jp 宛に問い合わせください。

Danger「歯医者さんに聞いたQ&A」について

  • 本コンテンツは、NPO法人歯科医学教育国際支援機構(OISDE)のご協力のもと提供しております。
  • 本コンテンツの著作権はNPO法人歯科医学教育国際支援機構(OISDE)が保有し、日本国の著作権法及び国際条約によって保護されています。本コンテンツの全部又は一部を著作権者の許諾なく利用することは法により禁止されています。営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止します。
  • 本コンテンツの内容については、専門家の監修のもと、細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。
  • また、病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。
  • 本コンテンツで得られた情報の利用に関しては、皆様ご自身の責任において、ご利用下さいますようお願い申し上げます。詳細については、当サイトの利用規約をご確認ください。