病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

ホワイトニングの欠点はありますか?

Q-green

ホワイトニングの欠点はありますか?

A-blue

ホワイトニングの欠点はいくつかあります。

  • 保険診療が効かないので費用が全額負担で治療費が高い
  • 短期間で色が後戻りすることがある
  • ホワイトニングで知覚過敏症を生じることがある
  • オフィスホワイトニングでは必ずしも一度で希望の歯の色にならない。
  • 歯を真っ白にする場合ホワイトニングでは無理なケースがある
  • ホワイトニングの方法の中にウォーキングブリーチ法という方法がありますが、歯が割れやすくなる

などの欠点があります。

上記の場合の対策としては、後戻りに対しては年に何回かホワイトニングを再度行う。フッ素など薬で知覚過敏症対策を行う。また、ラミネートベニア法という保険外で歯の表面のエナメル質を薄く削ってセラミックスのシェルを特殊なセメントでつけたり、場合により歯を削って神経をとって、やはり瀬戸物の保険外の歯をかぶせることもあるので担当の歯科医師に良くご相談してから決断したほうが良いでしょう。

【文責】医療法人社団明法会 高山歯科医院 、院長:高山 史年

気になる症状がある場合は、近くの病院を探しましょう

ホワイトニングの欠点はありますか?は、歯科に相談しましょう。

下記お問い合わせフォームの表示に時間がかかる場合がございます。 表示されない場合、このページを開いたまま、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
なお、それでも下記のフォームが動作しない場合、恐れ入りますが support@byoinnavi.jp 宛に問い合わせください。

Danger「歯医者さんに聞いたQ&A」について

  • 本コンテンツは、NPO法人歯科医学教育国際支援機構(OISDE)のご協力のもと提供しております。
  • 本コンテンツの著作権はNPO法人歯科医学教育国際支援機構(OISDE)が保有し、日本国の著作権法及び国際条約によって保護されています。本コンテンツの全部又は一部を著作権者の許諾なく利用することは法により禁止されています。営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止します。
  • 本コンテンツの内容については、専門家の監修のもと、細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。
  • また、病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。
  • 本コンテンツで得られた情報の利用に関しては、皆様ご自身の責任において、ご利用下さいますようお願い申し上げます。詳細については、当サイトの利用規約をご確認ください。