眼瞼下垂 - 病院・医院・薬局情報

眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れ下がって眼が開きにくくなり、視界が狭くなったり物が見づらくなったりする状態をいいます。

眼瞼下垂の状態の人は、まぶたの中にある「眼瞼挙筋」という筋肉でまぶたを上げられなくなるので、その上にあるおでこやこめかみの筋肉でまぶたを上げるくせがついてしまい、額にしわができたり、頭痛や肩こりの原因になってしまうこともあります。症状が悪化すると吐き気や目眩を引き起こしたりすることもあります。

眼瞼下垂の原因

・老人性下垂
加齢によりまぶたが弛んだり、まぶたを挙げる筋肉の作用が弱くなることでおこります。
・コンタクトレンズ下垂
ハードコンタクトレンズを長年使用している人に多く、レンズを外すときにまぶたを引っ張ることなどが原因とされています。症状に左右差があることが多いです。
・白内障などの手術による下垂
術後の炎症が強かったりすると、進行する場合があります。
・先天性下垂
生まれつきまぶたを挙げる筋肉の作用がほとんどありません。下垂の程度によっては手術を要します。

眼瞼下垂の治療法

主な治療法は手術です。先天眼瞼下垂で視機能の発達に差し支えるならば、早期治療が望ましいでしょう。後天性のものでも老人性やハードコンタクトレンズの長期装用による場合は、手術になります。

まぶたを挙げる力が少しでも残っている場合は、弛んでいる筋肉を縫い縮めて本来の機能を回復させ、まぶたを挙げる手術を行います。
老化により皮膚が垂れ下がっている場合は、余分な皮膚を切除し縫合するだけの方法をとります。これにより、目元が若返って見えるという副次的な効果もあります。

眼瞼下垂の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、眼瞼下垂の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

眼瞼下垂以外にも、胃腸科、外科、歯科、眼科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 心療内科 / 薬局 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ