病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

小児の肝疾患(ウイルス性肝炎など)の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

小児肝臓とは

子どもの肝臓病は大人の肝臓病よりも重症化しやすい傾向にあるため、先天性でも後天性でも細心の注意が必要です。早急に原因を突き止め、適切な治療が重要になります。

小児肝臓の主な病気

【肝内胆汁鬱滞】
胆汁は、脂肪を分解するための消化液で、通常は腸に流れていきますが、分泌時に障害がおきて胆汁が肝臓にたまることで肝臓の組織に障害が起きる疾患です。肝臓や脾臓がはれ、肝硬変に進行する事があります。痒みをともなう黄疸が、生後1-3ヶ月に発症します。
●肝内胆汁鬱滞の治療
食事療法として、高エネルギー、低脂肪食を摂取します。
胆汁酸によるかゆみには、胆汁酸と結合して吸収を妨げる薬剤が投与されます。
【肝硬変】
肝臓は障害を受けても再生機能により回復しますが、繰り返し障害が起こることで、次第に硬く繊維化して、その部分の肝機能が失われた状態が肝硬変です。
子供の場合、先天性胆道閉鎖症、先天性代謝異常、肝内胆汁鬱滞が原因として多くみられます。進行するまで症状はありません。
肝機能が次第に低下することにより、倦怠感、腹水による食欲不振や嘔吐、腹部の膨満感といった症状が現れます。黄疸が出ることもあります。
食道動脈瘤の破裂による消化管出血や、腎不全、意識障害といった合併症が起きます。
●肝硬変の治療
安静と食事療法が基本です。腹水やむくみには利尿剤を投与したり、針を刺して腹水を取り除いたりします。
食道静脈瘤は、静脈を縛ったり、硬化させたりといった処置がとられますが静脈瘤が破裂した場合には手術を行います。
【肝芽腫(肝腫瘍)】
本来臓器の一部などに分化するはずの胎児期の未成熟細胞が残り、それが癌化することが原因で、2-3歳以下の乳幼児に多く発生する肝臓の腫瘍です。
初期症状が出にくいため、進行して体重が減少したり、おなかのしこりが現れてから発見される場合が多いようです。
●肝芽腫の治療
化学療法や放射線による治療を行い、腫瘍を縮小させてから手術を行う方法がとられることが増えています。
【新生児肝炎】
新生児肝炎とは、新生児期、または乳幼児期に黄疸と胆汁うっ滞の症状があって、その症状の原因が肝臓であるが、発生原因はわからない疾患症候群のことをいいます。
新生児肝炎では大部分が生後6~12ヶ月までに症状が回復しますが、ごくまれに肝臓がんを合併することもあると言われています。
●新生児肝炎の治療
脂肪吸収低下によるビタミン欠乏症(A,D,E,K)に注意しながら、治療が行われます。症状によっては肝移植が必要なこともあります。
【肝炎(A・B・C・D型)】
肝炎とは主に肝炎ウイルスに感染することで肝臓に炎症が起こる病気です。肝炎ウイルスにはA型、B型、C型、D型、E型があり、日本ではA型、B型、C型肝炎ウイルスの感染が多いです。
A型肝炎は風邪に似た症状が現れます。倦怠感が強く、初期症状が治まるころに黄疸が現れます。重症化することは少ないのですが、まれに劇症肝炎という状態には注意が必要です。
B型肝炎は、咳、くしゃみ、鼻水、発熱といった風邪症状が現れて、食欲不振、倦怠感、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、さらに黄疸へと進行します。多くの場合2-3週間で症状が治まりますが、1ヶ月たっても症状に改善が見られない場合は、劇症肝炎へ移行した可能性があります。B型肝炎は、10%程度が慢性のキャリアになり、その場合肝硬変や肝臓がんに移行する恐れがあります。
C型肝炎は、倦怠感、発熱、食欲減退、嘔吐、黄疸などが見られますが、A型やB型のように急激な発症は見られません。軽い症状または無症状のままゆっくりと進行します。劇症肝炎に移行することは少なく、黄疸が見られても症状は軽いです。
●肝炎の治療
安静と、低タンパク・低脂肪の食事療法を行うことが基本ですが、肝硬変になる可能性がある小児には治療を行います。
具体的にはB型慢性肝炎に対してはペグインターフェロンや核酸アナログ製剤、C型慢性肝炎には副作用に少ないペグインターフェロン単独療法などがあげられます。

全国の小児の肝疾患(ウイルス性肝炎など)の治療が可能な病院

北海道・東北 北海道(7) | 青森(1) | 岩手(5) | 宮城(4) | 秋田(3) | 山形(1) | 福島(2)
関東 茨城(3) | 栃木(4) | 群馬(3) | 埼玉(5) | 千葉(4) | 東京(12) | 神奈川(10)
北陸 新潟(3) | 富山(0) | 石川(0) | 福井(0)
中部 山梨(1) | 長野(2) | 岐阜(3) | 静岡(0) | 愛知(3) | 三重(2)
近畿 滋賀(0) | 京都(0) | 大阪(15) | 兵庫(5) | 奈良(2) | 和歌山(0)
中国・四国 鳥取(3) | 島根(0) | 岡山(5) | 広島(3) | 山口(4) | 徳島(0) | 香川(3) | 愛媛(2) | 高知(0)
九州 福岡(7) | 佐賀(0) | 長崎(1) | 熊本(1) | 大分(0) | 宮崎(2) | 鹿児島(0) | 沖縄(0)

小児肝臓の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、小児の肝疾患(ウイルス性肝炎など)の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

小児肝臓以外にも、小児歯科、矯正歯科、内科、歯科口腔外科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 歯科 / リハビリテーション科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ