病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

ラマーズ法を実施している病院 - 病院・医院・薬局情報

ラマーズ法とは、フランスのラマーズ医師が広めた分娩方法です。弛緩法や呼吸法によって心と体の緊張を解き、お産に対する恐怖心をなくして、より自然な形でお産をしようとするものです。

ラマーズ法と聞いて、まず思い浮かぶのが呼吸法だと思います。現在ではラマーズ法をベースとしたさまざまな呼吸法がたくさんあり、多くの産院で取り入れられています。この呼吸法に集中することで、陣痛、分娩時の痛みも軽減されるという効果もあります。

ラマーズ法の呼吸法は、基本的に鼻から息を吸って口から吐くという胸式呼吸で行い、陣痛の始まりと終わりに深呼吸をします。息を吐くときは十分に吐き、身体の力を抜きましょう。「ヒッ、ヒッ、フー」という呼吸リズムがよく知られていますが、出産の進行(陣痛の間隔や子宮口の開き具合)に合わせて呼吸のリズムを変えていきます。

呼吸法を実践して、お母さんがしっかりと呼吸をすることで、赤ちゃんにも十分に酸素を送ることができるのです。

ラマーズ法の呼吸法

すべての呼吸法は「吸う」からスタートして「吐く」で終了します。激しい呼吸は過呼吸になってしまうので、できるだけ、静かに長く吐くようにしましょう。

1.陣痛開始
「陣痛かな?」という程度の時は、3秒くらいかけて鼻からゆっくり吸って、また3秒くらいかけて口からゆっくり吐きます。陣痛が規則的になり、深い呼吸では収縮の強さに乗りにくくなったら、少し浅い呼吸に変えます。
2.子宮口が開く
だんだん子宮口が開いて、収縮の波が強くなってきたら、「ヒッ、フー」の呼吸リズムを行います。鼻から息を吸って、「ヒッ」は短めに、「フー」は長めに口から息を吐きましょう。常に吐くことを意識し「フー」を長めに伸ばし息を吐ききるようにします。
3.陣痛が強まる
収縮がかなり強くなり、ヒー・フーではつらくなってきたら、今度は、ヒッ・ヒッ・フーと、少しあえぐような感じの短息呼吸になります。ヒッ・ヒッと短く息を吐き、最後のフーは少し長めに行います。いきみたくなっても、子宮口が全開大になるまではガマンしましょう。大きな収縮の波がきた時は、フー・フーと息を長く吐いていきみを逃します。
4.いきみの指示が出る
いきみOKのサインがでたら、いよいよいきみ始めます。顔に力が入らないように目を開けていきみましょう。陣痛の波に合わせて2回深呼吸して、3回目で息を止めて、おしりからぐっと押し出す感じでいきみます。陣痛が遠のいているときはリラックスしましょう。
5.赤ちゃんの頭が出てくる
赤ちゃんの頭が出てきたら、全身の力を抜ききるようなつもりで、フー・フーと深くゆっくり息を吐きます。いきまずに、上手に力を抜けば、赤ちゃんを締め付けないで済みます。

全国のラマーズ法を実施している病院

北海道・東北 北海道(1) | 青森(0) | 岩手(2) | 宮城(0) | 秋田(1) | 山形(0) | 福島(5)
関東 茨城(4) | 栃木(2) | 群馬(2) | 埼玉(8) | 千葉(5) | 東京(9) | 神奈川(5)
北陸 新潟(3) | 富山(1) | 石川(0) | 福井(1)
中部 山梨(4) | 長野(0) | 岐阜(2) | 静岡(4) | 愛知(4) | 三重(8)
近畿 滋賀(4) | 京都(5) | 大阪(11) | 兵庫(5) | 奈良(2) | 和歌山(0)
中国・四国 鳥取(1) | 島根(0) | 岡山(3) | 広島(4) | 山口(2) | 徳島(3) | 香川(1) | 愛媛(2) | 高知(1)
九州 福岡(13) | 佐賀(2) | 長崎(2) | 熊本(5) | 大分(3) | 宮崎(5) | 鹿児島(3) | 沖縄(1)

ラマーズ法の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、ラマーズ法を実施している病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

ラマーズ法以外にも、歯科、放射線治療科、歯科口腔外科、整形外科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 小児科 / 薬局 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ