病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

やけどの手当て

Q-green

熱いおみそしるを子供の足にこぼしてしまいました。急いで冷やしたのですが、足の甲が赤くなっています。その後の処置について教えて下さい。

A-blue

やけどをした場合は、とにかくすぐに水で20分以上冷やすことが大切です。

手や足のやけどは水道水を流しながら冷やしたり、バケツに氷水を入れてその中に手や足をつけて冷やしましょう。冷やす時には無理に衣服を脱がさず、そのまま衣服の上から冷やすようにします。

その後の処置はやけどの程度によって変わります。

第1度のやけどは皮膚が赤くなってヒリヒリ痛みますが水ぶくれは出来ません。十分に冷やしたら、赤くなっている部分にガーゼを当てて様子を見ましょう。

第2度のやけどは皮膚が赤くなって腫れあがり、水ぶくれが出来ます。冷やしたら水ぶくれを潰さないようにして、皮膚科に行くようにして下さい。潰れてしまったら清潔なガーゼでおおい、家庭薬などは塗らないようにします。

第3度のやけどでは皮膚は白くゴワゴワしていたり、黒く焦げたようになっています。皮膚の神経もやけどを起こしているので、痛みは感じません。やけどの部分を十分に冷やした後、すぐに病院へ行くようにします。

この場合は治るまでに1ヶ月以上かかり傷跡が残ってしまいます。また、治ったあとがケロイドを起こすこともあるので、場合によっては植皮手術を必要とします。

やけどの広さも重傷度を判断するのに大切です。お子様の片腕や片足1本分の面積のやけどは生命に危険がある為、急いで救急車を呼んで熱傷センターへ行く必要があります。

救急車を待つ間はやけどの部分を冷やし続け、運ぶ間は濡らしたバスタオルやシーツでやけどの部分をおおうようにします。

顔や頭をやけどした場合は、皮膚が薄く、あとで顔がひきつったり髪が生えないなどのトラブルが起ることがありますので、冷やした後は病院で見て貰った方が安心です。顔や頭は水をかけにくいので保冷剤や氷嚢、氷水に浸したタオルやガーゼで冷やすようにしましょう。

やけどは予防が大切です。ポットやアイロン、炊飯器などをお子様の手の届くところに置かない、お子様を抱いたまま熱い飲み物を飲まない、熱いものが入った容器をそばに置かない、ストーブには囲いをするなどの予防策を心がけるようにしましょう。

気になる症状がある場合は、近くの病院を探しましょう

(3)赤ちゃんの事故と応急処置は、小児科,小児外科,小児歯科,救急科に相談しましょう。

下記お問い合わせフォームの表示に時間がかかる場合がございます。 表示されない場合、このページを開いたまま、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
なお、それでも下記のフォームが動作しない場合、恐れ入りますが support@byoinnavi.jp 宛に問い合わせください。

Danger「健康Q&A」について

  • 本コンテンツは、ティーペック株式会社のご協力のもと提供しております。
  • 本コンテンツの著作権はティーペック株式会社が保有し、日本国の著作権法及び国際条約によって保護されています。本コンテンツの全部又は一部を著作権者の許諾なく利用することは法により禁止されています。営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止します。
  • 本コンテンツの内容については、専門家の監修のもと、細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。
  • また、病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。
  • 本コンテンツで得られた情報の利用に関しては、皆様ご自身の責任において、ご利用下さいますようお願い申し上げます。詳細については、当サイトの利用規約をご確認ください。