かんしゃくもちです

Q-green

気に入らないとすぐにキーキー泣き叫びます。どのように接していけばいいでしょうか?

A-blue

1才を過ぎてくると自分のやりたいことはどんどん増えてくるのに言葉が思い通りにならなかったり、運動機能がまだ未発達で体が思うように動かなかったりする為、かんしゃくという形で爆発してしまうようです。

ここでお母様がおろおろしたり、反対に感情的になって強い調子で押さえつけてしまうのは、かえって逆効果です。1回通った欲求は次もまたそれで通そうとするでしょうし、押さえつけられれば行動はエスカレートするでしょう。

お母様はお子様が泣き喚いても、冷静に構えて常に一貫した態度で接するようにしましょう。今は忙しいのでとりあえず要求を聞いてというような態度で接しているとお子様は混乱してしまうばかりです。

どうしても要求が聞けない時はかんしゃくが起りそうな前にさりげなく話題をそらしたり、別のものに興味が移るようにしましょう。おさまらない時はおさまるのを待って、こうしたかったから怒ったのね、でもこれはこういう理由で駄目なのというように話し掛けてあげましょう。いますぐに理解できなくても気長にいけないことを教えていきます。

2才ぐらいになると言葉も上手になってきますので、徐々にこうした行動はおさまっていくでしょう。

気になる症状がある場合は、近くの病院に相談しましょう

小児科,小児外科,小児歯科を探す。

下記お問い合わせフォームの表示に時間がかかる場合がございます。 表示されない場合、このページを開いたまま、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

Danger 「健康Q&A」について

  • 本コンテンツは、ティーペック株式会社のご協力のもと提供しております。
  • 本コンテンツの著作権はティーペック株式会社が保有し、日本国の著作権法及び国際条約によって保護されています。本コンテンツの全部又は一部を著作権者の許諾なく利用することは法により禁止されています。営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止します。
  • 本コンテンツの内容については、専門家の監修のもと、細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。
  • また、病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。
  • 本コンテンツで得られた情報の利用に関しては、皆様ご自身の責任において、ご利用下さいますようお願い申し上げます。詳細については、当サイトの利用規約をご確認ください。