病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

日焼けと赤ちゃん

Q-green
最近紫外線による日焼けの悪影響が問題になっています。まだ6ヶ月ですが、お出かけをする時には日焼け止めクリームを塗ったほうがいいのでしょうか?
A-blue

外気浴や日光浴は赤ちゃんの成長や発達にとても大切なものですが、夏の強い日差しは赤ちゃんの薄い皮膚を痛めることがあります。夏の日光浴や散歩は紫外線が強い午前10時~午後3時頃までは避けて、朝夕の日差しの弱い時間帯を選ぶようにしましょう。散歩に出る時はつばの広い帽子をかぶせ、肌の露出は少なめにします。

強い日差しから肌を守る為に、赤ちゃん用の日焼け止めクリームを塗る方法もありますが、6ヶ月未満の赤ちゃんには使えません。日焼け止めを塗る場合はSPF15以上のものを選び、まず腕の内側の柔らかいところに少しだけ塗ってアレルギーがおこらないかどうか確認をするようにしましょう。

もし、赤ちゃんの皮膚が日焼けをしても、ほんのり赤くなった程度で機嫌が悪くなければ心配はないでしょう。赤みが強く機嫌が悪い場合には、冷たい水に浸したタオルで1回15分程度、1日何回か冷やすようにします。水ぶくれが出来てしまった場合は水ぶくれを潰さないようにして早めに受診しましょう。

気になる症状がある場合は、近くの病院を探しましょう

(6)赤ちゃんと毎日の暮らしは、小児科,小児外科,小児歯科に相談しましょう。

下記お問い合わせフォームの表示に時間がかかる場合がございます。 表示されない場合、このページを開いたまま、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
なお、それでも下記のフォームが動作しない場合、恐れ入りますが support@byoinnavi.jp 宛に問い合わせください。

Danger「健康Q&A」について

  • 本コンテンツは、ティーペック株式会社のご協力のもと提供しております。
  • 本コンテンツの著作権はティーペック株式会社が保有し、日本国の著作権法及び国際条約によって保護されています。本コンテンツの全部又は一部を著作権者の許諾なく利用することは法により禁止されています。営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止します。
  • 本コンテンツの内容については、専門家の監修のもと、細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。
  • また、病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。
  • 本コンテンツで得られた情報の利用に関しては、皆様ご自身の責任において、ご利用下さいますようお願い申し上げます。詳細については、当サイトの利用規約をご確認ください。