病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

乳首がきれた

Q-green

子供の乳首を吸う力が強く、乳首に傷ができてしまってヒリヒリと痛みます。どのような手当てをすればいいでしょうか?

A-blue

赤ちゃんが乳首全体をくわえなかったり、長時間吸いすぎると乳首に傷が出来ることがあります。乳首がきれるのを予防し、傷を大きくしないために乳首のふくませ方をチェックしましょう。

乳首の先だけふくんでいる場合は、乳首に無理がかかって切れやすくなります。赤ちゃんの口を大きく開け、乳首を乳輪までしっかりとふくませて下さい。いつも同じ角度で飲ませていると、同じ場所だけに負担がかかるので切れやすくなります。抱き方を変えてみましょう。飲ませ方には、立て飲みや、ラグビーボールをわきにかかえるようにするわき飲み、横に抱く方法などがあります。長く吸わせていると乳首にも負担がかかります。授乳は通常で片方5分位、傷ができて痛みがある場合は2~3分位にしておきましょう。赤ちゃんがお腹がすいている時は強く吸いつくので、痛くない側からふくませる様にしましょう。乳首をはずす時はいきなり引っ張らないで赤ちゃんの下の顎をおさえ、口を開けてからはずすようにして下さい。痛みが強い場合には無理に吸わせようとしないで授乳を休み、乳首をやすませましょう。授乳を休んでいる間は時々搾乳をしておきます。首には清潔なガーゼを当て、ブラジャーをしておきましょう。

痛みが強い場合は治療をする必要がありますので受診をしましょう。

気になる症状がある場合は、近くの病院を探しましょう

(7)母乳とミルクは、小児科に相談しましょう。

下記お問い合わせフォームの表示に時間がかかる場合がございます。 表示されない場合、このページを開いたまま、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
なお、それでも下記のフォームが動作しない場合、恐れ入りますが support@byoinnavi.jp 宛に問い合わせください。

Danger「健康Q&A」について

  • 本コンテンツは、ティーペック株式会社のご協力のもと提供しております。
  • 本コンテンツの著作権はティーペック株式会社が保有し、日本国の著作権法及び国際条約によって保護されています。本コンテンツの全部又は一部を著作権者の許諾なく利用することは法により禁止されています。営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止します。
  • 本コンテンツの内容については、専門家の監修のもと、細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。
  • また、病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。
  • 本コンテンツで得られた情報の利用に関しては、皆様ご自身の責任において、ご利用下さいますようお願い申し上げます。詳細については、当サイトの利用規約をご確認ください。