病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

発熱時の看護

Q-green

昨日から39℃台の熱が続いています。解熱剤を使っても、またすぐに熱があがってしまいますが冷やすのを嫌がります。熱が高い時の看護について教えて下さい。

A-blue

発熱は体が病原体と戦っている自然な反応なので、無理に熱を下げる必要はありません。体力の消耗を少なくして出来るだけラクに過ごせるようにしてあげましょう。

赤ちゃんの平熱は大人より高めなので、37℃前後の熱は正常な時でもみられますが、38℃以上の時は病気によるものと考えていいでしょう。

6ヶ月未満の赤ちゃんは全身状態がよく、たとえ元気にしていても病院で診てもらったほうが安心です。

それ以降の月齢の赤ちゃんは発熱していても機嫌がよくミルクの飲みもよければ、薄着にしたり、水分を与えて様子をみてもいいでしょう。

熱が3日以上続く・ぐったりして元気がなくミルクの飲みも悪い・熱が高く呼吸も苦しそう・嘔吐や下痢などの症状を伴っている場合はすぐに病院で診てもらうようにします。

熱がある時は水分の補給が大切です。おっぱいやミルク・麦茶・白湯・赤ちゃん用のイオン飲料などを欲しがるだけ与えましょう。

熱があるのに手足が冷たい場合はこれから熱が上がり始める時です。衣類を増やしたり、寝具を厚くして体を温めてあげましょう。

手足も熱く、掛け物をはいだりして熱がっている時は熱があがりきったということですから、熱が放散しやすいように衣類や寝具類を薄くします。

氷枕や市販の保冷剤は気持ちよければ使いますが、嫌がるようであれば必要はないでしょう。

熱が高い時は食欲も落ちます。無理に食べさせないで様子をみますが、少しでも食欲があれば消化がよくのどごしのいいものを与えましょう。

解熱剤は熱が38,5℃以上になったら使うといわれますが、必ず使わなければいけないものではありません。解熱剤は熱を1℃くらい下げて体をラクにする目的で使います。熱が下がらないからと頻回に使うと低体温を起こすこともありますので決められた用量を守って使うようにしましょう。水分や食事をとる目的で午後に1回、睡眠をとるために夜寝る前に使うのが効果的です。

熱が高い時や元気がない時は入浴を控え、体をこまめに拭くようにしますが、38℃以下の熱で元気がある時は湯冷めに気をつけてシャワーや手短に入浴をさせても大丈夫でしょう。

熱が高い時は体がつらく気持ちも不安になります。優しい声かけや抱っこをして不安な気持ちをやわらげてあげましょう。

気になる症状がある場合は、近くの病院を探しましょう

(1)心配な症状・小さな気がかりは、小児科,小児外科,小児歯科に相談しましょう。

下記お問い合わせフォームの表示に時間がかかる場合がございます。 表示されない場合、このページを開いたまま、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
なお、それでも下記のフォームが動作しない場合、恐れ入りますが support@byoinnavi.jp 宛に問い合わせください。

Danger「健康Q&A」について

  • 本コンテンツは、ティーペック株式会社のご協力のもと提供しております。
  • 本コンテンツの著作権はティーペック株式会社が保有し、日本国の著作権法及び国際条約によって保護されています。本コンテンツの全部又は一部を著作権者の許諾なく利用することは法により禁止されています。営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止します。
  • 本コンテンツの内容については、専門家の監修のもと、細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。
  • また、病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。
  • 本コンテンツで得られた情報の利用に関しては、皆様ご自身の責任において、ご利用下さいますようお願い申し上げます。詳細については、当サイトの利用規約をご確認ください。