病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

下痢をしている時の看護

Q-green

2日前から便がゆるくなり回数も今までは1日2回程度だったのが4回位に増えています。食欲はあって機嫌もいいのですが病院で診てもらったほうがいいでしょうか?

A-blue

生まれて数ヶ月位の赤ちゃんは普段でもうんちが柔らかいことが多いのですが、いつものうんちより水っぽく、回数も多い時は下痢を疑います。

下痢の原因として多いのはウイルスや細菌による急性胃腸炎ですが消化不良やアレルギーによるものもあります。

うんちはゆるいけれど元気で食欲があり、ご機嫌もよければ数日様子をみてもよいでしょう。下痢だけでなく、発熱したり吐いたりしている、便が白っぽい、食欲がなく機嫌が悪い時はその日の診療時間内に診察を受けておいたほうが安心です。

病院にいく時はうんちのついたおむつを持っていき、医師にみせるようにしましょう。血液の混じった便が出たり、おなかが痛そうな様子がある、高熱がでている、水様便が頻回でぐったりしている場合は急いで病院に行くようにして下さい。

下痢が続くと体の水分が失われて脱水を起こしやすくなるので、こまめに水分を補給するようにしましょう。湯冷ましや麦茶、スープ、赤ちゃん用のイオン飲料などを欲しがるだけ与えます。

母乳やミルクも欲しがるだけ飲ませて構いませんが、ミルクを薄める場合は医師のアドバイスを受けてから薄めるようにしましょう。

オレンジジュースは下痢を長引かせる作用があるのでジュースを飲ませる時はりんごを選ぶようにしましょう。りんごには整腸作用があるのですりおろしたものもおすすめです。ヨーグルトや乳飲料などの乳製品は下痢を長引かせるので止めておきましょう。

離乳食は食べられるようであれば与えても構いませんが、柔らかさはその時のうんちの硬さが目安です。水様便であればスープや重湯、柔らかい便であればその状態のお粥などにしましょう。油物やなまものは避けるようにしましょう。食欲がないときは水分の補給のみで様子をみます。

下痢の時はおしりがただれやすくなります。おむつはこまめに交換して、うんちのたびにおしりを洗い、よく乾燥させてあげましょう。

気になる症状がある場合は、近くの病院を探しましょう

(1)心配な症状・小さな気がかりは、小児科,小児外科,小児歯科に相談しましょう。

下記お問い合わせフォームの表示に時間がかかる場合がございます。 表示されない場合、このページを開いたまま、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
なお、それでも下記のフォームが動作しない場合、恐れ入りますが support@byoinnavi.jp 宛に問い合わせください。

Danger「健康Q&A」について

  • 本コンテンツは、ティーペック株式会社のご協力のもと提供しております。
  • 本コンテンツの著作権はティーペック株式会社が保有し、日本国の著作権法及び国際条約によって保護されています。本コンテンツの全部又は一部を著作権者の許諾なく利用することは法により禁止されています。営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止します。
  • 本コンテンツの内容については、専門家の監修のもと、細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。
  • また、病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。
  • 本コンテンツで得られた情報の利用に関しては、皆様ご自身の責任において、ご利用下さいますようお願い申し上げます。詳細については、当サイトの利用規約をご確認ください。