病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

おむつかぶれが治らない

Q-green

便がゆるいせいか、おむつかぶれがなかなか治りません。どのように手当てをすればいいでしょうか?

A-blue

尿の成分が大便中の細菌によって分解されてアンモニアが作られ、これが湿った皮膚に刺激を与えてかぶれが起ります。

おむつかぶれを予防するには普段からおむつをこまめに取り変え、おしりを清潔にして、出来るだけ乾燥させておくようにします。

少し赤くなった程度であれば、おむつを変えるたびにお尻を洗い、乾かすことでよくなります。専用の洗面器にお湯をはってお尻をなで洗いするか、ガーゼをゆるくしぼってお尻を流すように拭いてあげましょう。

おしりはよく乾かすことが大切ですが、天気のいい日は時々窓辺でおしりを日光に当てて乾かしてあげるとよいでしょう。

かぶれがひどく真っ赤になっているような場合は小児科でおむつかぶれの軟膏を処方してもらいましょう。

清潔にしていてもなかなか治らなかったり、ステロイド入りの軟膏をいつまでも使っていると皮膚カンジダ症を起こしていることがあります。カンジダというのはかびの1種ですが、これが皮膚について起ります。

股やお尻など皮膚がこすれやすい場所に赤いブツブツができて、その周囲の皮膚がむけていたり、ブツブツが膿を持っていたりします。ステロイド軟こうは炎症を抑える作用があるのですが、長く使いすぎるとかびが生えやすくなりますので注意が必要です。

カンジダ皮膚炎を起こしている場合はかびに効く軟膏を塗ると2週間程度で治りますので早めに医師に相談するようにしましょう。

気になる症状がある場合は、近くの病院を探しましょう

(1)心配な症状・小さな気がかりは、小児科,小児外科,小児歯科に相談しましょう。

下記お問い合わせフォームの表示に時間がかかる場合がございます。 表示されない場合、このページを開いたまま、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
なお、それでも下記のフォームが動作しない場合、恐れ入りますが support@byoinnavi.jp 宛に問い合わせください。

Danger「健康Q&A」について

  • 本コンテンツは、ティーペック株式会社のご協力のもと提供しております。
  • 本コンテンツの著作権はティーペック株式会社が保有し、日本国の著作権法及び国際条約によって保護されています。本コンテンツの全部又は一部を著作権者の許諾なく利用することは法により禁止されています。営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止します。
  • 本コンテンツの内容については、専門家の監修のもと、細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。
  • また、病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。
  • 本コンテンツで得られた情報の利用に関しては、皆様ご自身の責任において、ご利用下さいますようお願い申し上げます。詳細については、当サイトの利用規約をご確認ください。