病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

躁うつ病(双極性気分障害・気分循環性障害)

著しく気分が高揚する「躁病」と気分が沈む「うつ病」の症状が交互に訪れます。

躁病相の時は極端に気分が高揚し、活動的で疲れを感じず、睡眠時間が減少します。

自己を誇大評価し、何でもできると感じ、浪費や投資・性的逸脱行動といった反社会的な行動をとることがあります。

反対にうつ病相の時には、気分がふさぎこみ悲しい気分で満たされ、喜びを感じず、思考や表情が乏しくなります。

また、動作が緩慢になり、疲れやすくなるのも特徴です。

気になる症状がある場合は、近くの病院を探しましょう

躁うつ病(双極性気分障害・気分循環性障害)には、心療内科,精神科を受診しましょう。

下記お問い合わせフォームの表示に時間がかかる場合がございます。 表示されない場合、このページを開いたまま、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
なお、それでも下記のフォームが動作しない場合、恐れ入りますが support@byoinnavi.jp 宛に問い合わせください。

Danger「誤解だらけの病気の基礎知識」について

【提供元】
「誤解だらけの病気の基礎知識」は、株式会社eヘルスケアが提供しています。
【免責事項】
  • 記事の内容については細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。
  • 病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。
【著作権】
「誤解だらけの病気の基礎知識」の著作権は、株式会社eヘルスケアに帰属します。営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止とします。
【その他】
株式会社eヘルスケアでは、病気や治療に関するご相談や各医療機関についての個別のお問い合わせ・紹介などは受け付けておりません。