「自己免疫疾患」のお役立ち医療コラム

身体に入ってきた異物を感知・攻撃し除去することで機能を正常に保つのが免疫細胞の役割。この免疫細胞が、自分自身の身体に本来あるべき物質を「敵だ」と勘違いして攻撃してしまうことで発症するのが、リウマチや膠原病、炎症性腸疾患などの「自己免疫疾患」です。その特徴や主な治療法についてご紹介します。

自己免疫疾患 の 記事

こんな記事も読まれています

Danger お役立ち医療コラムについて

【提供元】
お役立ち医療コラムは、株式会社eヘルスケアが提供しています。
【免責事項】
  • コラムの内容については細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。 また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。
  • 病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。 必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。
【著作権】
お役立ち医療コラムの著作権は、株式会社eヘルスケアに帰属します。 営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止とします。
【その他】
株式会社eヘルスケアでは、病気や治療に関するご相談や各医療機関についての個別のお問い合わせ・紹介などは受け付けておりません。