子宮がん - 病院・医院・薬局情報

子宮がんとは

子宮がんには、子宮の入り口付近にできる「子宮頸がん」と子宮の奥(子宮体部)にできる「子宮体がん」があります。このふたつは、同じ子宮がんでも、発症しやすい年齢や原因や予防法が大きく異なっているので、別の病気として考える必要があります。

【子宮頸がん】

子宮頸部の粘膜から発生するがんのことを子宮頸がんといいます。

子宮頸がんの原因

子宮頸がんは他のがんと違い原因が特定されています。
最大の原因は、HPV(ヒューマンパピローマウイルス)というウイルスの感染により発症します。HPVは性交渉によってうつるウイルスのため、性交渉を経験したことのある女性の80%が感染するといわれています。そのため、ほとんどの女性が子宮頸がんになる可能性があります。
ただし、感染したからといってすぐにがんが発症するわけではなく、多くの場合、免疫力によってウイルスは体から自然に排除されます。しかし、この機能がうまく働かずにウイルスが子宮頸部に残り、長い間感染が続いた場合に、その部分の細胞が少しずつがん細胞へと進行して子宮頸がんとなります。

子宮頸がんの症状

初期にはほとんど自覚症状がありません。進行した子宮頸がんでは、月経以外の時期に出血したり、性交渉のあとに出血したりといった不正出血や、おりものの異常などの症状が出ることがあります。

子宮頸がんの治療法

がんの進み具合やがんの部位、年齢、合併症の有無などによって治療法を決定します。
初期のがんであれば円錐切除術によって子宮を残せる可能性がありますが、浸潤がん(クラスⅤ)の場合は子宮全摘出になる可能性が高くなります。

  • 初期のがんであれば円錐切除術
    子宮頸部をレーザーメスにより異常な部分を円錐状に切除します。手術時間は30分ほどで通常3泊4日の入院で行えます。
    子宮を残すことができるため、術後の妊娠・出産にもほとんど影響はないとされています。
  • 浸潤がん(クラスⅤ)の場合は子宮全摘術
    進行した「浸潤がん」であるとわかった場合は、子宮や卵巣やリンパ節を全て切り取る本格的な手術が必要になってきます。がんの広がり具合によっては、術後に放射線治療や抗癌剤による治療を行います。

子宮頸がんの予防法

子宮頸がんの予防は、ワクチン接種と定期検診で行えます。もっとも大切なのは、HPVの感染を防ぐことです。そして、次に重要なのががんになりきる前に早期発見することです。

日本では2013年4月からHPVワクチンが定期接種の対象になっていて、対象年齢の方は無料でワクチンが接種できます。性交経験前に接種すれば、HPVをもっとも確実に予防できることになります。
ただし、ワクチンによって予防できるのは、HPV16型と18型の2種類だけですので、ワクチンを接種したからといってすべてのHPV感染を予防できるわけではありません。
また、最近では稀に重い副反応(複合性局所疼痛症候群、急性散在性脳脊髄炎、ギラン・バレー症候群など)がでることもわかっています。

子宮頸がんは初期の段階で発見できれば、子宮の出口の一部を切り取るだけでほぼ完治が期待できるがんです。子宮頸がんは、10代~20代でもかかることがあるので、早い時期から意識して検診を受けることが大切です。初期にはほとんど自覚症状がないため、早期発見するためにも1年に1回は子宮がん検診を受けましょう。

【子宮体がん】

子宮体がんは、子宮の奥(子宮体部)にできるがんで、性交渉とは関係がなく、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと関係が深いがんです。

子宮体がんの原因

40~50代の閉経前後に発症することが多いのが特徴です。原因として一番大きく関係しているのは、女性ホルモンのバランスの変化です。卵巣から出ている2種類の女性ホルモンのうち「エストロゲン」は子宮内膜を分厚くする作用を持っていて、もう1つの「プロゲステロン」は内膜をはがして子宮の中をお掃除する作用を持っています。この「エストロゲン」が「プロゲステロン」よりも過剰に働いてしまうと、内膜の細胞が増えすぎて癌になりやすくなります。

妊娠経験のない人や無排卵などの排卵障害のあった人、また肥満や糖尿病、高血圧の人もホルモンバランスが崩れて子宮体がんになりやすい傾向があると指摘されています。

子宮体がんの初期症状

子宮体癌の症状で最も多いのが「不正出血」です。特に閉経後の方で不正出血が続く場合には注意が必要です。またおりものが増えることがあります。

子宮体がんの治療法

子宮体がんの治療は、手術でがんを取り除くことが基本になります。患者さんの状態やがんの広がりに応じて、放射線治療、抗がん剤治療、ホルモン療法を組み合わせて行います。早期がんであることに加えて、黄体ホルモンによって成長が抑制される性質をもったがんの場合は、子宮を残す治療が可能です。

子宮体がんの予防法

予防法は、「肥満にならない」「月経不順を放置しない」「低用量ピルを飲む」「がん検診を受ける」などがあげられます。肥満の人は生活改善を心がけましょう。
子宮体がんも、発見するには子宮体がん検診を受けるしかありません。子宮頸がんの検査と違い、子宮の奥の方まで細胞を擦り取る細い器具を入れなければならないため、多少痛みを伴うのが難点ですが、40歳以上で不正出血などの症状がある人はしっかりと検査を受けることが大切です。

関連項目
婦人科

子宮がんの病院・医院・薬局情報

病院なびでは、子宮がんの治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

子宮がん以外にも、婦人科、循環器内科、歯科口腔外科、小児科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: リハビリテーション科 / 歯科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ