心臓弁膜症の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

心臓弁膜症とは

心臓は右心房、右心室、左心房、左心室と4つの部屋からできています。
全身から心臓に戻る血液は、右心房から右心室に運ばれ、右心室が収縮することによって、肺動脈を通じて肺に送り出されます。肺で酸素を取り込んだ血液は、今度は左心房に入って左心室に運ばれ、左心室が収縮することで、大動脈を通って全身に送られます。

血液が心臓内部の各部屋を流れていく時に、血液の逆流を防止して、一方向に流れるように調節しているのが「弁」です。心臓には「大動脈弁」「僧帽弁」「肺動脈弁」「三尖弁」の4つの弁があり、これらの弁が正しく機能せずに、本来の役割を果たせなくなった状態が弁膜症です。

心臓弁膜症には、弁の開きが悪くなり血液の流れが妨げられる「狭窄」と、弁が完全に閉じなくなり血液が逆流する「閉鎖不全」の2つのタイプがあり、どの弁のトラブルか、また狭窄か閉鎖不全かで、分類されます。 疾患として主に問題になるのは「大動脈弁狭窄症」「大動脈弁閉鎖不全症」「僧房弁狭窄症」「僧房弁閉鎖不全症」「三尖弁閉鎖不全症」です。

心臓弁膜症の症状

・「僧帽弁閉鎖不全症」や「狭窄症」の症状
息切れが起こります。最初は運動するときに息切れが起こったり疲れやすくなる程度ですが、病気が進行すると安静時たとえば横になったり寝るときにも息苦しくなります。こうしたレベルになるととても危険な状態です。すぐに医師、特に心臓専門医を受診しましょう。
・「大動脈弁閉鎖不全症」の症状
運動時に息切れが起こりますが、弁の変化がゆっくりの場合には、かなり心臓が大きく悪くなるまで症状がないこともあるため、要注意です。患者さんも段々と無理をしない癖がついて、ほとんど運動をしないようになり、そのために症状が隠れて発見が遅れることもあります。病気が進行すると胸が痛くなったり、失神発作が起こります。この状態になると突然死などの危険が近くなります。
・「大動脈弁狭窄症」の症状
左室が高い圧を出す必要から左室壁が厚くなり、そのために不整脈や胸の痛み、心不全などが発生します。この病気の場合、突然死の心配があります。症状があればすぐに受診しましょう。
・「三尖弁閉鎖不全症」の症状
顔や足がむくんだり疲れやすくなります。肝臓などの内臓もむくみ、肝臓の不全状態が起これば危険信号です。

どの弁膜症でも心臓が耐えられなくなると、うっ血性心不全を合併します。肺にうっ血をおこすと、息切れや呼吸困難などの症状が現われます。また、全身のうっ血が進むと、疲れやすさ、下肢のむくみ、夜間頻尿、腹部張満感(肝臓うっ血)がおこります。体重も急に2~3kgあるいはそれ以上増えます。風邪をひきやすくなったり、こじらせて長引くこともあります。

弁膜症の治療

・内科的治療
内科的治療は、弁そのものを治すわけではなく、薬で症状を緩和したり、進行を抑制することによって心臓にかかる負担を取り除きます。
定期的に検査を行って、そのまま内科的治療を続けるか、外科的治療を選ぶかを判断します。
・外科的治療
悪くなった弁は、薬で元通りに治すことはできません。弁を根本的に治すには、外科的治療(手術)が必要となります。 手術には、弁の悪い部分を修復する弁形成術と、弁そのものを人工弁に取り替える弁置換術があります。どちらの治療法が適しているかは、不具合の状態によって異なります。医師からしっかりと説明を受けましょう。

早期に手術を受けるほうが術後の経過や心臓の機能回復がよいとされているため、手術のタイミングを適切に判断することが重要となります。
・経カテーテル大動脈弁治療(TAVI)
TAVIは、重症の大動脈弁狭窄症に対する新しい治療法で、開胸することなく、また心臓も止めることなく、カテーテルを使って人工弁を患者さんの心臓に留置します。心臓を停止する必要がなく、人工心肺を使用しなくて済むことから、患者さんの体への負担が少ないのが特長です。
なお、TAVIは高齢のために体力が低下している患者さんや、その他の疾患を持つ患者さん等が対象の治療法です。

心臓弁膜症の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、心臓弁膜症の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

心臓弁膜症以外にも、整形外科、矯正歯科、外科、小児科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 内科 / 眼科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ