大動脈瘤 - 病院・医院・薬局情報

大動脈瘤とは

大動脈は、心臓から出て胸部、腹部にいたる、からだの中心を走る最も太い血管のことです。太さは胸部で直径約3cm、腹部で約2cmもあります。
大動脈で動脈硬化が進むと、血管内壁の弾力性が低下して、さまざまな異常が起こりやすくなります。

もろくなった血管内壁に高血圧などの要因が加わって、血管がコブのようにふくらんだ状態になるのが大動脈瘤です。そして血管内壁の一部に亀裂が入り、剥離を起こした状態が大動脈解離です。
どちらも放置すると、あるとき血管が破裂して大出血を起こす、命にかかわる重大な病気です。しかし、大出血を起こすまでは目立つ自覚症状がないため、なかなか気がつきません。早期発見のためにも、予防を心がけることが大切です。特に高圧血は、動脈硬化の原因になるだけでなく、血管がふくらんだり、亀裂が入る要因にもなるので、十分な注意が必要です。

大動脈瘤の治療法

大動脈瘤は一旦形成されてしまうと、元のサイズに戻ることはありません。しかし、発見されたあとでも血圧を下げる薬(降圧剤)で血圧コントロールをすることにより、拡張する速度を遅らせ、破裂を予防することが可能です。
拡張した大動脈瘤は、破裂し突然死を引き起こす危険性があります。そのため大動脈瘤が大きくなれば手術が必要になります。大動脈瘤に対する手術の基本は、人工血管による大動脈の置換術で、開腹手術とステントグラフト治療法(血管内治療)※があります。

※ステントグラフト治療法
両足の付け根辺りを約3~4センチ切開して、動脈にカテーテルを挿入し、瘤のあるところでステントグラフトを展開し、留置します。ステントグラフトが血管内に留置され、瘤に血液が流れるのをふさいで、瘤の破裂を防ぎます。開腹しないため傷跡が小さく、入院期間が短い(手術後2~5日程度)のが特徴です。

大動脈瘤の予防

喫煙習慣や高血圧、家族に大動脈瘤の人がいると大動脈瘤になる可能性が高いといわれています。大動脈瘤は大出血をおこすまで自覚症状がありません。特に、高血圧の人は動脈の拡大が起こりやすくなるため、定期的な健診が必要です。

予防で効果的なのは運動です。運動中は血圧が上昇しますが、長期的には血圧を下げる効果があります。運動中に大動脈が膨らむので大動脈硬化の進行も抑制します。

循環器科系 の他の 治療/対応可能な疾患 で検索

狭心症・心筋梗塞(3,073)
心不全(1,887)

大動脈瘤の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、大動脈瘤の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

大動脈瘤以外にも、内科、婦人科、精神科、心臓血管外科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: リハビリテーション科 / 小児科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ