読み込んでいます…

腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術を実施している病院 - 病院・医院・薬局情報

腹部ステントグラフト内挿術とは、両方の足の付け根に3~4cmの小切開を行い、動脈内にカテーテルを挿入して動脈瘤の部位でステントグラフトを放出・内挿します。

ステントグラフトとは、人工血管にステントと呼ばれるバネ状の金属を取り付けたもので、これを圧縮して細い管に収納し疾患部位まで運ばれます。人工血管は外科手術のように縫いつけるわけではなく、バネの力と血圧によって拡張し血管壁に固定するため、手術時間も開腹手術と比べて短くなります。大動脈瘤自体は切除されることなく残りますが、ステントグラフトで動脈瘤内への血流が遮断されるため、動脈瘤は血栓化し次第に縮小していきます。

開腹手術と比べて、手術創が小さく、術後回復がはやい(入院日数が短い)、開腹による合併症がないなどの利点がありますが、現時点では患者背景、大動脈瘤の形態により適応が決められています。

関連項目
循環器内科

腹部ステントグラフト内挿術の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術を実施している病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

腹部ステントグラフト内挿術以外にも、放射線診断科、内科、薬局、整形外科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 歯科 / 皮膚科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ