読み込んでいます…

シェーグレン症候群 - 病院・医院・薬局情報

シェーグレン症候群とは、膠原病の1つで、自分を守ってくれるはずの免疫細胞が自分の体内の組織を攻撃してしまう「自己免疫の病気」です。
シェーグレン症候群では、自己の免疫が主に涙腺、唾液腺などの外分泌腺を攻撃することで、涙や唾液の分泌が低下して乾燥症状があらわれるのが特徴です。

男女比は1:14で女性に多い疾患です。発症年齢は50歳代にピークがありますが、子供からお年寄りまでさまざまな年齢で発症します。

また、シェーグレン症候群は、

原発性シェーグレン症候群
原因が不明で単独で発症
二次性シェーグレン症候群
関節リウマチや全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、多発性筋炎、混合性結合組織病などの他の膠原病に合併して発症
に分類されます。

シェーグレン症候群の症状

シェーグレン症候群の症状は、

腺症状
免疫が主に涙腺、唾液腺など腺組織を攻撃することによる症状
腺外症状
免疫が主に肺、腎臓、皮膚、神経、関節などを攻撃することによる症状
に分けられます。

【腺症状・・・主に、目と口が乾燥することによる症状】

■目の乾燥による症状(ドライアイ)

  • 涙がでない
  • 目がごろごろする
  • 目が疲れやすい
  • 目がかゆい
  • まぶしく感じる
    など

■口の乾燥による症状(ドライマウス)

  • 口が乾く
  • 喉が渇く
  • クラッカなどの「ぱさぱさしたもの」が食べにくい
  • 食事中に水分を多くとる
  • 味がよくわからない
  • 虫歯になりやすい
    など

■ 鼻が乾燥することによる症状

  • 鼻が渇く
  • 鼻出血が出やすい
    など

■気道が乾燥することによる症状

  • 声がかすれる
  • 咳が出る
    など

【腺外症状・・・唾液腺、涙腺以外の臓器の症状で、疲労感や関節痛などの全身症状】

攻撃される臓器によってさまざまな症状があらわれます。
特に多い症状として、疲労感、集中力の低下、頭痛、関節痛があげられます。
代表的な症状は下記とおりです。

  • 疲れやすい
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 咳がでる
  • 息切れ
  • 発熱
  • 関節の痛み
  • 集中力の低下
  • 記憶力の低下
  • 脱毛
  • 肌がかさかさする
  • 皮疹
  • 手足が冷たくて紫になるレイノー現象
  • うつ傾向
    など

シェーグレン症候群の原因

シェーグレン症候群の原因は解明されていませんが、

  • 遺伝的要因
  • 免疫異常
  • 女性ホルモン
  • ウィルス感染などの外的要因
    などが複雑に関連して発症するのではないかと推測されています。
    また、シェーグレン症候群が家族内で発症する確率は約2%といわれています。

シェーグレン症候群の治療方法

現在は、根本的にシェーグレン症候群を治癒させることは出来ません。そのため治療は、目や口などの乾燥症状を和らげる対症療法が基本になります。また、腺外症状に対しては、それぞれの臓器の症状に応じた治療が選択されます。

【目の乾燥に対する治療】

  1. 涙の分泌を促進する:ジクアホソルナトリウム点眼薬などで分泌を増やして目の保水性を高めます。
  2. 涙を補充する:人工涙液の点眼薬を使用します。
  3. 涙の蒸発を防ぐ:ドライアイ用の眼鏡を装着します。
  4. 涙の排出を低下させる:涙の排出口である涙点を、プラグでつめる方法や手術によって閉鎖します。
    など

【口の乾燥に対する治療】

  1. 唾液の分泌促進:セビメリン、ピロカルピンなどの内服薬が使用されます。消化器症状や発汗などの副作用があるため、状態をみながら服用します。麦門冬湯などの漢方薬が使われることもあります。
  2. 唾液の補充:人口唾液で唾液を補充します。
  3. 口内の清潔保持:うがい薬、トローチ、歯垢除去、ブラッシングなどで口腔内を清潔に保つようにします。
  4. 口腔乾燥作用をもつ薬の中止:抗ヒスタミン薬、抗うつ薬、抗パーキンソン病薬などには口腔乾燥症状をおこすことがあり、可能な範囲で減量や中止を検討します。
    など

【線外症状に対する治療】

腺外症状に対しては、それぞれの臓器の症状に応じた治療が選択されます。

発熱や関節痛など比較的軽度の全身症状に対しては、非ステロイド系抗炎症薬や副腎皮質ステロイドが使用されます。
また、進行性の間質性肺炎、糸球体腎炎、自己免疫性肝炎など症状が重い場合には、中程度以上のステロイド薬や免疫抑制薬が選択されます。

日常生活で気を付けること

シェーグレン症候群はほとんどの場合命にかかわる疾患ではありません。しかし、長期間にわたって治療が必要な慢性疾患です。
そのため、下記のようなことに注意して日常生活を送ることが大切です。

  • 歯周病の予防のため、食後の歯磨きやうがいをしっかり行う
  • 香辛料などの刺激物や甘いものは控える
  • 禁煙する
  • 十分な睡眠と栄養バランスのとれた生活を心掛ける
  • パソコンなどの機器類使用による眼の酷使を避ける
    など
関連項目
膠原病

シェーグレン症候群の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、シェーグレン症候群の診察が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

シェーグレン症候群以外にも、呼吸器内科、皮膚科、歯科、薬局などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 産婦人科 / 小児科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ