貧血 - 病院・医院・薬局情報

貧血とは

貧血は女性に多くみられる病気の1つです。日本人の成人女性のうちの約17%が貧血だというデータがあります。

血液に含まれる細胞の1つに赤血球があります。赤血球の中には、ヘモグロビンと呼ばれるタンパク質が含まれていて、呼吸によって体内に取り込まれた酸素は、ヘモグロビンと結びついて全身へと運搬されます。貧血とは、このヘモグロビンが不足した状態です。貧血になると酸素を全身へと運ぶ能力が低下してしまうため、それを補うために心臓は普段よりもたくさんの血液を送り出す必要があり、心臓の負担が増えてしまいます。そのまま放置してしまうと、いずれは心臓の働きにも無理が生じて機能が低下し、最後には心不全に至ってしまう恐れがあります。

貧血はよくある病気ですが、たかが貧血だと軽視せずに、おかしいと思ったら医療機関を受診しましょう。

貧血の症状

貧血になると、血液を少しでも体中に送ろうとして心臓や肺に負担がかかるため、健康な状態よりも疲れやすくなります。通常なら何でもないような運動でも動悸・息切れを起こすことがあるのはそのためです。

一般的な貧血の症状

  • 顔色が青白い、手足の爪の部分が白い
  • 耳鳴り
  • 目まい・立ちくらみ
  • 動悸・息切れ
  • 疲労感
  • 月経時の出血量が多くなる
  • 寒さを人一倍感じる
  • 食欲がない

貧血の種類と治療法

一口に「貧血」といってもいくつかの種類があり、様々な症状が出ます。

●鉄欠乏性貧血
女性では鉄分のとり方が足りない、子宮筋腫や子宮内膜症があり月経時の出血が多い(血液中の鉄分が足りなくなる)、ホルモンバランスのくずれ、さらに悪性腫瘍などが原因で鉄欠乏性貧血になることが多くあります。上記の貧血の一般的な症状が現れます。

鉄欠乏性貧血の原因となる病気 ・子宮筋腫
・子宮内膜症
・ホルモンバランスのくずれ
・食事の偏り(鉄分不足)
・子宮内膜ポリープ
・筋腫分娩
・悪性腫瘍あるいはその前段階
・その他

鉄欠乏性貧血の症状が出た場合、まずは原因となっている子宮筋腫や子宮内膜ポリープなど病気を治療することが必要になります。根本的な原因を解決することが第一です。

貧血の症状自体を治すためには、1日に1~2回、鉄剤の内服を行います。内服を開始して約3~4週間でヘモグロビンが増加しますが、体全体の鉄不足を改善するためには2~3ヶ月の服用が必要です。完治するためにはしっかりと鉄剤の服用を続けることが大切です。
●再生不良性貧血
血液をつくる骨髄が脂肪に置き換わり、赤血球も白血球も血小板も作らなくなってしまう病気です。貧血の一般症状に加えて、皮膚や歯茎から出血しやすくなったり、あざができやすい、注射などの後の出血がなかなか止まらなくなるという症状が見られます。血尿や血便が出ることもあります。 治療法としては、1.免疫抑制療法、2.骨髄移植、3.蛋白同化ステロイド療法、4.支持療法があります。
●溶血性貧血
何らかの原因で赤血球が壊れやすくなることで起こります。 貧血の一般症状のほか、黄疸や脾臓の腫れといった症状が起こります。脾臓を切除したり、ステロイド剤や免疫抑制薬によって治療することができます。
●悪性貧血
ビタミンB12の欠乏によって起こります。中高年に多く、貧血の一般症状のほか、舌の荒れ、白髪の増加、手足がしびれる、精神症状などの症状が生じます。ビタミン12を服用することで改善します。
●二次性貧血(続発性貧血)
感染症、がん、腎臓病、肝臓病など他の病気の二次症状として起こります。一般的な貧血の症状が見られます。

貧血の種類によっては内科の治療、それも早期の治療が必要な疾患が隠れている場合もあります。おかしいと思ったら早目に内科・婦人科を受診しましょう。

貧血の予防

貧血を予防するには、栄養バランスの良い食事を摂ることが第一です。

食事摂取基準によると、月経のある成人女性は1日に10.5mg、成人男性は7.5mgの鉄の摂取が推奨されています。鉄分を多く含む食品には、レバーやカツオ、ドライフルーツなどがあります。また、鉄分はタンパク質やビタミンCとともに摂取することで吸収率が上がります。日頃からしっかりとバランスのとれた食事を摂るように心掛けましょう。

貧血の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、貧血の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

貧血以外にも、薬局、放射線治療科、歯科口腔外科、外科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 内科 / 精神科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ