病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

女性の更年期障害の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

更年期障害とは

更年期とは、閉経を挟んで前後10年ほどの期間のことを指します。閉経の平均年齢は約50歳なので、標準的には大体45~55才が「更年期」ということになりますが、閉経年齢には個人差があるため、早い人は40代前半で更年期に差し掛かることもあります。

更年期は女性には誰にでも訪れるものですが、「更年期症状」と呼ばれる心身の様々な不調の現れ方は人それぞれです。更年期症状が極端にひどく、日常生活にまで支障をきたしてしまう場合を「更年期障害」と言い、治療の対象になります。

更年期障害原因

更年期になると、加齢に伴い卵巣機能が低下することによって、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の量が減り、これが脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼして自律神経失調症を引き起こします。

更年期障害の症状

更年期障害の症状としてよく言われているのが、のぼせ・ほてりといった「ホットフラッシュ」です。その他症状は非常に多岐に渡ります。

■体の症状
のぼせ・ほてり・発汗・めまい・頭痛・息苦しさ・胸の痛み・膝やかかとの痛み・喉のつかえ感・疲れやすさ・皮膚の乾燥感など
■心の症状
イライラ・不眠・気分の落ち込み・やる気が出ない・集中力の低下・性欲の低下など

更年期障害の治療法

○更年期治療の中心はホルモン補充療法

更年期障害の治療の中心は、足りなくなった女性ホルモンを補う「ホルモン補充療法」です。
卵巣からは「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類の女性ホルモンが出ていますが、閉経を迎えると、これらのホルモンが同年齢の男性よりも少なくなってしまいます。更年期障害の原因となっているのは「エストロゲン」の不足です。そのため、更年期障害の改善には「エストロゲン」を何らかの形で補うのが最も効果的です。
「エストロゲン」を補う方法として、注射・飲み薬・貼り薬(パッチ剤)・塗り薬(ジェル剤)があります。一般的によく使われているのは飲み薬とパッチ剤です。

○漢方薬・サプリメントによる更年期障害治療

更年期障害の症状を速やかに改善するにはホルモン補充療法が最も有効ですが、ホルモン補充療法の補助的役割やホルモン剤を使うほどではない場合に漢方薬やサプリメントを使うことも

○更年期障害のメンタル面の治療法

症状の中心が不眠や気分の落ち込みなどメンタル面の不調の場合、睡眠導入剤や抗うつ剤・抗不安剤などの薬や、カウンセリングによる治療を併用していきます。更年期障害が出やすい人の特徴として、まじめで頑張りすぎる傾向があります。カウンセリングによって、自分を甘やかす事を許せるようになるだけでも症状が軽くなることがあります。

更年期は誰もが経験するものなので、多少の体調不良があっても日常生活には全く支障がないのであれば、絶対に治療しなければいけないというものではありません。この時期は、心身の色んな不調が出やすく、体力や抵抗力が落ちる年齢ですので、そのことを自覚した上で日常生活を見直していくとよいでしょう。

更年期障害の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、女性の更年期障害の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

更年期障害以外にも、アレルギー科、リハビリテーション科、矯正歯科、小児歯科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 薬局 / 整形外科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ