更年期障害 - 病院・医院・薬局情報

更年期障害とは、閉経を挟んで前後10年の時期のことを指します。閉経の平均年齢は約50歳なので、標準的には大体45歳~55歳が「更年期」ということになります。ただし、閉経年齢には個人差があるため、早い人は40代前半で更年期に差し掛かることもあります。

更年期に出現する心身の様々な不調の現れ方は人それぞれですが、更年期症状が極端にひどく、日常生活にまで支障をきたしてしまう場合を「更年期障害」と言い、治療の対象になります。

更年期障害の症状

・体の症状
のぼせ・ほてり・発汗・めまい・頭痛・息苦しさ・胸の痛み・膝やかかとの痛み・喉のつかえ感・疲れやすさ・皮膚の乾燥感など
・心の症状
イライラ・不眠・気分の落ち込み・やる気が出ない・集中力の低下・性欲の低下など

更年期障害の治療法

◎更年期治療の中心はホルモン補充療法

更年期障害の治療の中心は、足りなくなった女性ホルモンを補う「ホルモン補充療法」です。
卵巣からは「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類の女性ホルモンが出ていますが、閉経を迎えると、これらのホルモンが少なくなってしまいます。更年期障害の原因となっているのは「エストロゲン」の不足です。そのため、更年期障害の改善には「エストロゲン」を何らかの形で補うのが最も効果的です。
「エストロゲン」を補う方法としては、注射・飲み薬・貼り薬(パッチ剤)・塗り薬があります。

ただし、子宮がある状態でエストロゲンのみを補い続けると、子宮体がんのリスクが高くなってしまうという欠点があります。そのため、子宮のある人にホルモン補充療法を行う際は、エストロゲンと一緒に「プロゲステロン」の飲み薬やパッチ剤を組み合わせて使います。

ホルモン補充療法の注意点として、長く続けていると乳がんのリスクがわずかに高くなること、薬による肝臓への影響があることなどがあげられます。ホルモン補充療法中は、子宮がん検診・乳がん検診・一般の健康診断を年に1回は受けるようにしましょう。

漢方薬・サプリメントによる更年期障害治療

症状がそれほど強くはない場合には、症状と体質に応じた漢方薬やサプリメントを服用します。更年期症状にお勧めのサプリメントは、大豆イソフラボン・ピクノジェノール・チェストツリー・ブラックコッホッシュ・グルコサミンなどがあげられます。

更年期障害のメンタル面の治療法

症状の中心が不眠や気分の落ち込みなどメンタル面の不調の場合、睡眠導入剤や抗うつ剤・抗不安剤などの薬や、カウンセリングによる治療を併用していきます。

更年期は誰もが経験するものなので、多少の体調不良があっても日常生活には全く支障がない場合には、絶対に治療しなければいけないというものではありません。しかし、更年期症状がひどすぎて日常生活に支障がでる時は、早めに治療を開始した方がよいでしょう。2~3ヶ月ホルモン補充療法をするだけで症状の大部分は改善します。辛い症状は我慢せず、適切な治療を受けて快適に過ごしましょう。

関連項目
婦人科

更年期障害の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、更年期障害の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

更年期障害以外にも、歯科、矯正歯科、薬局、リハビリテーション科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 外科 / 小児科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ