子宮内膜症の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

子宮内膜症とは

子宮内膜症は、本来子宮の中だけにあるはずの「子宮内膜」という組織が、卵巣や子宮筋層や肺など、子宮以外の場所に発生してしまう病気です。子宮内膜は毎月月経の時期に出血するため、子宮以外で内膜が増殖すると卵巣や子宮の壁の中に古い血液が溜まり、痛みが起きるようになります。さらに、子宮内膜症が卵巣に入り込むと、古い血液がたまってチョコレートのような塊になる「チョコレートのう胞」ができます。

子宮内膜症は、20~30代の女性によくみられる病気で、国内に100万~200万人の患者がいるとみられています。子宮内膜症の原因については免疫異常、月経血が卵管を逆流して起こる「逆流説」が有力視されていますが、はっきりとしたことはまだわかっていません。

子宮内膜症の主な症状

  • 月経痛がひどい。または年々ひどくなる
  • 腰痛
  • 月経の量が多い
  • 月経期間が長い
  • 排便・排尿時・性交時に引きつるような痛みがある
  • 不妊症

中には、不妊だけでまったく痛みのない人もいます。

子宮内膜症の治療

子宮内膜症の治療には、大きく分けると薬物療法と手術療法があり、場合により両者を併用して行います。

●薬物療法

薬物療法には、鎮痛剤で痛みを抑える対症療法、低用量ピルで月経量を減らす偽妊娠療法、ホルモン剤で病巣部を一時的に縮小させる偽閉経療法があります。

・対症療法
鎮痛剤・漢方薬などで比較的軽い症状の痛みを取り除きます。内膜症そのものを治療したり、内膜症の進行をくい止める効果はありません。
・偽妊娠療法
黄体ホルモン製剤や低用量ピルなどを服用して、人為的に「偽妊娠」状態をつくり出す治療法です。月経時に剥がれ落ちる子宮内膜が増えるのを防ぐため、月経の量が減り月経痛も抑えます。肌荒れ改善などの効果がある一方で、吐き気や頭痛、不正出血の副作用が出る場合があります。
・偽閉経療法
薬剤投与によって女性ホルモンのエストロゲンの量を非常に少ないレベルに抑えて、閉経時に近い状態にする方法です。月経を止めるため、治療中は子宮内膜症による月経痛や病気の進行は止まります。ただし、治療を中止すると再び月経が始まり、子宮内膜症が進行する可能性はあります。また、閉経に近いホルモン状態にすることにより、のぼせや発汗などの更年期障害の症状を起こすことがよくあります。

●手術療法

手術療法には、病巣部のみを除去する方法と子宮を全部摘出する方法があります。
薬では治療困難な内膜症の場合、あるいは妊娠を希望する内膜症の方は、手術療法が効果的で、最も根本的な治療法です。

・保存手術(子宮、卵巣を温存する)
子宮内膜症の病巣を取り除きます。また、高周波で子宮内膜症病巣を凝固したり腹腔内を洗浄して妊娠をしやすくする場合もあります。卵巣チョコレート嚢胞に対しては、嚢腫の核出、高周波で焼灼などがおこなわれています。
・根治手術
子宮と卵巣を全摘します。子宮内膜症病巣が遺残した場合、約10%(卵巣を温存した場合には50-60%以上)に骨盤痛が残ることがあると言われています。

子宮内膜症は基本的に月経がある間は進行していく病気なので、できるだけ初期の段階で発見し、それ以上進行しないように治療を始めることが大切です。25歳過ぎの女性で月経痛が次第に強くなってきたら、鎮痛剤などで痛みをごまかすのを止めて、婦人科の診察を受けましょう。

子宮内膜症の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、子宮内膜症の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

子宮内膜症以外にも、腎臓内科、歯科、皮膚科、放射線診断科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 消化器内科 / 歯科口腔外科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ