パーキンソン病 - 病院・医院・薬局情報

パーキンソン病とは、脳内の神経伝達物質の1つであるドーパミンが不足し、手足のふるえ、自由に動きにくくなる、小刻みの歩行などの症状があらわれる進行性の病気です。

ドーパミンの不足は、脳の黒質(こくしつ)という部分の神経細胞が減少するために起こりますが、その原因はまだ分かっていません。加齢による遺伝子の損傷や、神経細胞のミトコンドリアの異常などが考えられていますが、さらなる研究の結果が待たれます。

パーキンソン病は50~60歳代で発症することが多く、ゆっくりと進行します。日本人の発症率は1000人に1~1.5人といわれていますが、高齢になるほど発症率が高くなり、65歳以上では約100人に1人にのぼります。

パーキンソン病の症状

パーキンソン病の主な症状は、「手足がふるえる」「筋肉がこわばる」「自由に動きにくくなる」「体のバランスが悪くなり、倒れやすくなる」の4つがあげられます。
4大症状のほかに、便秘や排尿障害などの自律神経障害、食べ物がうまく飲み込めない嚥下障害、味や匂いがわからなくなる嗅覚障害、うつ症状がみられることもあります。そして、多くの患者さんは寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなるなどの睡眠障害の症状があらわれます。
症状の進行はゆっくりで、数年から数十年かけて立ち上がったり、歩きにくくなっていきます。

パーキンソン病の治療法

治療には薬物治療と外科治療があります。現在はよく効く薬があるので、適切な治療を行うことで、進行を遅らせたり、症状を軽減する事ができます。一般的に薬物治療は、早い段階からおこなうほど改善効果がみられるといわれています。
このほか、食事療法や生活療法などのリハビリテーションを合わせて行うことも重要です。

●薬物治療
パーキンソン病は脳内でドーパミンという物質が十分に作られなくなる病気です。このドーパミンを何らかの方法で補うことが薬物治療の中心となります。治療に使われる薬物は、直接的にドーパミンを増やす作用のある薬を服用する方法と、体内にあるドーパミンを有効利用しやすくする作用の薬を服用することによって、間接的に体内のドーパミンを増やす方法の2種類に分けられます。
●外科治療
残念ながらパーキンソン病を根治させる治療方法ではありませんが、電極を脳の視床下核という場所に埋め込み、それに弱い電流を流すことによって、薬と同様の効果を得られる治療方法です。視床下核を適切に刺激すると、薬の内服量を減らすことができたり、薬の効いていない時間を短くしたりすることができます。
●リハビリテーション
パーキンソン病になってしまうと、身体が動かしにくくなるので、身体を動かすことを心掛けていなければ運動不足になります。症状を少しでも改善するためには、日常生活で意識的にからだを動かすこと、また運動機能を回復させるリハビリを定期的に行うことが必要です。
運動の種類は、患者さんの症状の程度や動きにくい部位によって異なります。また、治療のための薬を使用している場合、強い運動をすると薬の効果が早く切れてしまうので、やりすぎないことも大切です。運動を始める場合は、医師に相談しましょう。

パーキンソン病の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、パーキンソン病の診察が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

パーキンソン病以外にも、心療内科、リウマチ科、内科、消化器内科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 薬局 / 眼科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ