小児の夜尿症の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

夜尿症とは

「おねしょ」と「夜尿症」は、夜寝ている間に無意識に排尿してしまうということでは同じですが、その違いのポイントは年齢です。

つまり、幼児期の夜尿をおねしょといい、6~7歳(小学校入学後)以後の夜尿を夜尿症というのが一般的です。

夜尿症の主な原因は、「夜間の尿量が多いこと」と「夜間の膀胱容量が小さいこと」である場合が多く、夜間尿量が夜間の膀胱容量より多いためにおこるといわれています。また、体の冷えは、夜尿を増悪させるといわれています。

夜尿症の多くは自然軽快していくことが多く、また夜尿が身体に悪影響を及ぼすものでないことから、とかく放置されることが多い病気です。
しかし、夜尿が学齢期まで持続している場合には、夜尿をしていることでお子さまが自信を喪失し、心理面、社会面、生活面に様々な影響を与えることがあります

このような影響は、ストレスとなって夜尿の消失時期を遅らせる要因ともなるため、なるべく早く医療機関にて治療してあげた方がよいでしょう。

夜尿症の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、小児の夜尿症の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

夜尿症以外にも、矯正歯科、歯科、胃腸科、内科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 消化器内科 / 耳鼻いんこう科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ