病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

小児の気管支喘息の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

小児喘息とは

喘息は、ダニ、カビ、動物の毛やフケ、花粉、食物など様々なアレルゲン(アレルギーの原因になるもの)によって、気管支などの気道にアレルギーが起こり、気道の粘膜が炎症を起こして、気道が狭くなる慢性の病気です。

喘息のこどもの気道では、炎症により粘膜の表面が傷ついたり、粘膜がむくんだり、痰が多く出たりしています。
発作が起こると、気道の広さを調節する筋肉が急激に縮んだり、息を吐くときに喉がゼーゼーしたり、呼吸が苦しくなります。症状がない時にも、気道の炎症は続いているため、発作が起きたときの治療だけではなく、発作を起こさないための治療薬を毎日使い、日常生活に気をつけることが重要です。
喘息は適切な治療を継続することによりコントロールできる病気です。

喘息治療薬には、発作を予防するために毎日定期的に使う「長期管理薬」と、発作が起きたときに発作を鎮める「発作治療薬」があります。

《長期管理薬》

気道の炎症を抑えることで、発作を起こりにくくして、ぜんそくの症状を改善する薬
ディスカスとエアゾール剤(エアー)など

《発作治療薬》

気管支を広げる作用が強く、速効性があり、喘息の発作時にすぐに呼吸を楽にしてくれる吸入薬などを使用します。

  • 短時間作用性吸入β2刺激薬
  • テオフィリン薬
  • 経口ステロイド薬
  • 抗コリン薬など

小児喘息の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、小児の気管支喘息の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

小児喘息以外にも、小児歯科、心療内科、リハビリテーション科、皮膚科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 糖尿病内科 / 循環器内科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ