小児の低身長症の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

低身長とは

こどもの身長が低い原因の多くは、両親も背が低いなどの遺伝や体質によるものです。しかし、なかには成長ホルモンなどの身長を伸ばすホルモンが出ていない場合や、まれですが、染色体や骨の病気によってこどもの身長が伸びない場合もあります。

また、小さく生まれて、その後の身長があまり伸びないこどももいます。これらの病気が原因の場合は、早めに治療を受けることで身長を伸ばすことが可能です。

低身長の分類

  • ホルモンの病気・・・成長ホルモン分泌不全性低身長症や甲状腺機能低下症
  • 低身長を伴う症候群・・・ターナー症候群やプラダー・ウィリー症候群
  • 骨の病気・・・軟骨無形成症、軟骨低形成症
  • 慢性腎不全性低身長症
  • 心疾患、腎疾患、代謝疾患、糖尿病や繰り返す気管支喘息などの慢性病
  • 心理的要因・・・愛情遮断症候群など
  • 体質的・・・SGA性低身長、家族性低身長(親の遺伝による)、特発性低身長
  • 思春期早発症に起因する低身長

ホルモン投与によって治療ができる病気

甲状腺機能低下症の場合は甲状腺ホルモンの投与を行います。その他の低身長児で治療が可能なのは 成長ホルモン分泌不全性低身長、ターナー症候群、軟骨無形成症、軟骨低形成症、慢性腎不全性低身長症、プラダー・ウィリー症候群で成長ホルモンによる治療が認められています。

関連項目
小児科
内科

低身長の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、小児の低身長症の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

低身長以外にも、外科、歯科口腔外科、薬局、心療内科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 婦人科 / 放射線科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ