睡眠時無呼吸症候群 - 病院・医院・薬局情報

睡眠時無呼吸症候群(=SAS)とは、睡眠中に呼吸が停止する状態が何度も繰り返される病気です。一般的には10秒以上の呼吸停止が睡眠1時間当たり5回以上あり、日中の眠気などの症状がみられるとSASと診断されます。

本来、睡眠は日中活動した脳と身体を十分に休息させるためのものです。しかし、その最中に呼吸停止が繰り返されることで身体の中の酸素が減り、酸素不足を補うため身体は心拍数を上げます。寝ている間中脳や身体には大きな負担がかかります。
その結果、強い眠気や倦怠感、集中力低下などが引き起こされ、日中の様々な活動に影響が生じてきます。

生活習慣病との関係

無呼吸状態により、血液中の酸素量低下と二酸化炭素の蓄積が起こるため、血管や臓器に深刻なダメージを与えます。そのためSASの人はそうでない人に比べて、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病や、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞などの病気の発症率が高いことがわかっています。

睡眠時無呼吸症候群の原因

多くは、空気の通り道である気道がなんらかの理由でふさがってしまうことによって起こります。とくに肥満の男性は、首や喉の周りの脂肪が増えて気道が狭くなり、SAS発症の可能性が高くなります。
女性は閉経後に発症しやすくなることがわかっています。これは閉経によって、呼吸の促進作用を持つプロゲステロン(女性ホルモンの一種)の分泌量が低下するためと考えられています。

睡眠時無呼吸症候群の症状

≪寝ている間≫
  • いびきをかく
  • 呼吸が止まる
  • いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる
  • 何度も目が覚める
  • 寝汗をかく
≪起きているとき≫
  • 強い眠気がある
  • だるさ、倦怠感がある
  • 集中力が続かない
  • 疲労感がある

睡眠時無呼吸症候群の治療法

治療法には、症状を緩和させるもの(対症療法)と、根本的にSASの原因を取り除くもの(根治療法)とがあり、患者さんの状態に合わせて最適な治療方法が選択されます。

【生活習慣の改善指導】
閉塞型睡眠時無呼吸症候群の患者は肥満に加え、生活習慣病を合併しているケースが多いことから、減量を目的とした食事療法や運動療法を行います。肥満が解消されれば気道が広がってSASが改善されるだけでなく、生活習慣病のリスクも低くなります。
【内科的治療】
内科的治療の代表例がシーパップ療法です。睡眠中に鼻マスクを装着し、鼻から一定の圧力をかけた空気を気道に送り込むことで、気道がふさがるのを防ぐ治療法です。中等度から重症のSAS患者にとっては非常に有効な治療法です。
【歯科装具(マウスピース)】
睡眠時に下顎を数ミリ前方に出した形で固定するマウスピースを装着することで、気道を確保し、無呼吸の発生を防ぐ治療法です。軽症から一部の中等度の患者さんに有効です。
【外科的治療】
小児の閉塞型睡眠時無呼吸症候群では、気道をふさぐ原因が扁桃やアデノイド(鼻と喉の間にあるリンパ組織の集まり)の肥大であることが多く、その場合はそれらを切除する手術を行います。

SASは、放っておいても自然な改善は見込めません。いびきや日中の眠気が気になる人は、内科、呼吸器内科、耳鼻咽喉科を受診しましょう。

睡眠時無呼吸症候群の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、睡眠時無呼吸症候群の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

睡眠時無呼吸症候群以外にも、内科、神経内科、リハビリテーション科、循環器内科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 形成外科 / アレルギー科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ