病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

COPD(慢性閉塞性肺疾患) - 病院・医院・薬局情報

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは、タバコなどの有害な空気を長期間吸い込むことで、空気の通り道である気道や、酸素の交換を行う肺などに障害が生じる病気です。長期間にわたる喫煙習慣が主な原因であることから、「たばこ病」ともいわれます。
現在、日本には500万人以上のCOPD患者さんがいると推定されています。

COPDの症状

COPDのもっとも代表的な症状は息切れです。階段や坂道での息切れにはじまり、重症になると着衣の動作などでも強い息切れが現れます。また、咳や痰が頻繁にでることも病気発見の一つの目安です。ときには、ヒューヒュー、ゼイゼイといった喘鳴がでることがあります。病気が進むと、口をすぼめて呼吸をしたり、肺が過膨張して胸郭が前後に大きく膨れてきたりします。

COPDの増悪

COPDの患者さんが最も気をつけなければならないのが「COPDの急性増悪」といわれる病態です。これは、呼吸困難や咳、痰などのCOPDの症状が悪化した状態で、放っておくと命に関わる可能性もあります。急性増悪の原因としては、肺炎球菌やインフルエンザ菌などの細菌やインフルエンザウイルスなどによる呼吸器感染症があげられます。

COPDの合併症

COPDと合併しやすい病気は、糖尿病、心臓病、抑うつなどで、これらの病気を合併していると死亡のリスクも高いことがわかっています。人によっては、肺気腫に肺線維症が合併した「気腫合併肺線維症」も見られます。これは、肺のあらゆるところが壊れて面積が小さくなるもので、酸素を取り入れて炭酸ガスを出すガス交換の機能が衰えて重症化します。肺線維症が合併していると肺がんの発生率も高くなるので、注意が必要です。

COPDの治療法

  1. 禁煙
    治療の根幹は禁煙です。禁煙によってCOPDの進行が遅くなり、寿命がのびることがわかっています。COPDの治療法の中で最も効果的といわれています。
  2. 薬物療法
    呼吸困難などの症状がある患者さんには、気管支を広げる薬(抗コリン薬やβ2刺激薬など)を使います。
  3. 予防接種
    COPDの急性増悪を防ぐための治療です。インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンがあります。
  4. 呼吸リハビリテーション
    腹式呼吸、口すぼめ呼吸などの呼吸訓練や筋力トレーニングなどを行い、少しでも楽に呼吸できるようにします。
  5. 在宅酸素療法
    低酸素血症のある重症の患者さんに行います。寿命を延ばし、QOLを改善する効果があります。
  6. 肺移植
    α1-アンチトリプシン欠損症が原因のCOPDの場合、肺移植による治療が可能です。

COPDはいったんかかってしまうと完治しません。症状が進行すると、日常生活に大きな支障を与え、ときには命を奪う原因にもなります。早期発見し早期治療を行うことで、症状の進展を遅らせることができます。特に、たばこを吸う人は40代から肺のレントゲン検査や肺機能検査を受けましょう。

関連項目
呼吸器内科

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)以外にも、小児歯科、矯正歯科、歯科、皮膚科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 呼吸器内科 / 消化器内科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ