病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

胃潰瘍・十二指腸潰瘍 - 病院・医院・薬局情報

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは

胃や十二指腸の内側(粘膜)は、強い酸性の胃酸や消化酵素を含む胃液にさらされているため、胃液によって粘膜が傷つかないようにするための仕組みを持っています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、ピロリ菌や非ステロイド性抗炎症薬(NSAID:エヌセイド)などにより、この防御機構が傷害されて粘膜が傷つき、そこが胃液の攻撃にさらされることで、胃や十二指腸の粘膜や組織の一部がなくなる病気です。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因

ピロリ菌や非ステロイド性抗炎症薬などの影響で胃・十二指腸の粘膜が傷害されることで起こります。また、ストレスを受けると自律神経の働きが乱れて、粘膜の血流が悪くなることで粘膜が傷つきやすくなり潰瘍ができることがあります。

症状

症状の三大特徴は、痛み、過酸症状、出血といわれます。
胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状として、最もよくみられるのが痛みです。上腹部やみぞおちの辺りに、にぶく持続的な痛みが続きます。しかし、痛みの程度は人によってさまざまで、全く痛みを感じない人もいます。
その他胸やけ、膨満感、食欲不振などさまざまな症状が起こることがあります。黒褐色の血を吐いたり、コールタールのような黒い便が出るときは、胃の出血を起こしている可能性があります。

治療

ほとんどは胃酸を抑える薬と食事療法を含む生活指導で治療します。最近は出血をおこしている場合にも効力を発揮する強力な薬があるため、以前のように入院や手術の必要な患者さんは減ってきていますが、胃に穴があいてしまった場合は、手術が必要になります。
また、ピロリ菌感染が原因の場合は、医師の処方に従った薬剤の服用により除菌を行うことが可能です。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の多くは、薬の服用などで治すことができますので、早めにしっかりと治療することが大切です。また予防のために、胃に負担をかけない食生活やストレス対策を心がけましょう。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍以外にも、外科、内科、眼科、薬局などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 歯科口腔外科 / 矯正歯科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ