読み込んでいます…

苦痛の少ない胃カメラ検査/経鼻内視鏡を実施している病院 - 病院・医院・薬局情報

胃内視鏡検査とは、先端に高性能カメラがついた細いスコープを口や鼻から挿入して、咽頭・食道・胃・十二指腸を観察する検査です。

カメラで撮影した体内の映像は、コンピューターファイリングシステムとして記録され、診断に役立てられます。

胃内視鏡検査でわかる主な病気

  • 胃がん
  • 悪性リンパ腫
  • 胃炎
  • 胃潰瘍
  • 胃粘膜下腫瘍
  • 胃底腺ポリープ
  • 胃静脈瘤
  • 胃憩室
  • アニサキス症
  • 十二指腸がん
  • 十二指腸潰瘍
  • 十二指腸ポリープ
  • 食道がん
  • 逆流性食道炎
  • 食道裂孔ヘルニア
  • 食道・咽頭乳頭腫
  • 食道静脈瘤
  • 食道粘膜下腫瘍
  • 食道異物
  • 咽頭がん など

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡検査は、直径約5ミリの細いスコープを鼻から挿入して観察する検査です。

-経鼻内視鏡のメリット

  • 患者さんの苦痛が少ない
    経口内視鏡と異なり、内視鏡が舌のつけ根を通らないので、吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。
  • 鎮静剤や鎮痛剤などの薬を使わず、部分的な鼻の麻酔のみですむため体に優しい
  • 検査中の会話が可能

-経鼻内視鏡のデメリット

  • 鼻痛や頭痛
    スコープが鼻の奥を通るときに痛みを感じたり、頭痛を感じたりすることがあります。
  • 検査後の鼻水、くしゃみ、頭痛
    検査前に鼻の麻酔をしますが、副作用で検査後一時的に鼻水やくしゃみ、頭痛が出る場合があります。
  • 画像がやや不鮮明
    経口内視鏡と比べるとカメラが細く、画像がやや不鮮明です。
  • 経鼻内視鏡が使えない場合がある
    鼻腔が狭い患者さんは、出血する場合があります。
    また、鼻の手術を受けた患者さんや、鼻中隔彎曲症やアレルギー性鼻炎、慢性的な副鼻腔炎などを持つ患者さんの場合、挿入ができないことがあります。

-経鼻内視鏡検査の流れ

  • 薬の服用
    胃の中の泡をとる薬を服用します。
  • 麻酔
    鼻水を吸引し、スプレーやスティック状のものを使用して麻酔をします。
  • 観察
    ファイバースコープを鼻の中に挿入し、体内の様子を観察します。
  • 説明
    医師が、コンピューターに記録された画像や映像を見ながら、検査結果について説明します。

苦しくない胃カメラ/経鼻内視鏡の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、苦痛の少ない胃カメラ検査/経鼻内視鏡を実施している病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

苦しくない胃カメラ/経鼻内視鏡以外にも、矯正歯科、肛門科、外科、整形外科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: リハビリテーション科 / 内科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ