食道がん - 病院・医院・薬局情報

食道がんとは、日本では年間約1万4千人の人が発症し、年間約1万人の人が死亡するがんです。男性が女性より5倍以上食道がんになりやすいとされています。食道がんの発症は、50歳以降で急激に増加し、60歳代でピークとなります。

食道は喉に近い部分から頸部食道(上部)・胸部食道(中部)・腹部食道(下部)に分けられます。日本人の食道がんは、約半数が胸部食道にがんが発生し、次いで1/4が腹部食道に発生します。

また、食道の内側は粘膜でおおわれていますが、粘膜内の扁平上皮(へんぺいじょうひ)からがんが発生すると「扁平上皮がん」、分泌液を分泌する腺細胞からがんが発生すると「腺がん」に分類されます。 日本では、食道がんの90%以上が扁平上皮がんです。腺がんはほとんどみられませんが、扁平上皮がんよりも悪性度が高いとされています。

食道がんの原因

食道がんは、喫煙・過度の飲酒・熱い食べ物を継続的に摂取している人が、食道がんになりやすいとされています。

特にたばこはすべてのがんの発生リスクを高めますが、たばこを吸う人は吸わない人に比べて、約2倍以上食道がんになりやすいというデータがあります。
食道がんを発症する人の大半が、たばこを吸っている人か、過去にたばこを吸っていた人です。喫煙している50歳以上の男性は特に注意が必要です!

食道がんの症状

食道がんは初期の段階では症状がでにくいという特徴があります。
がんが進行すると下記のような症状があらわれます。

  • 胸がしみる・胸がやける感じがする
  • 食べ物や飲み物がつかえるような感じがする
  • 体重の減少
  • 胸の奥の痛みや背中の痛み
  • 咳や痰がでる など

食道がんの治療

道がんの治療には、内視鏡治療、外科療法(手術)、放射線治療、抗がん剤治療、免疫細胞療法などがあります。ある程度進行したがんでは、外科治療、放射線治療、化学療法を組み合わせて、それぞれの特徴を生かしながら相乗効果を出すための集学的治療が行われます。

●内視鏡治療
粘膜上皮にがんがとどまり、リンパ節転移のない早期の段階では、内視鏡による手術が可能です。
口から内視鏡を挿入し、がんの病巣部位をスネアと器具で焼き切ったり、電気メスで切除します。内視鏡は患者の肉体的負担が非常に少なく、回復や社会復帰が早いというメリットがあります。
●外科療法
がんが食道の粘膜下層以上に深く浸潤している場合には、リンパ節へも転移している可能性が高くなるため、開腹による外科手術を行います。

がんができた食道を広範囲に切除し、周囲のリンパ節も同時に切除します。通常胸部にある食道はすべて切除し、胃の一部を伸ばして食道の代わりにしたり、小腸の一部を移植して食道の機能を維持します。
●化学放射線療法
手術以外の治療では、化学療法と放射線療法を組み合わせた「ケモラジ」と呼ばれる治療を行います。

食道がんの治療に使用される抗がん剤は、一般的にフルオロウラシルとシスプラチンの2種類を組み合わせて使用します。この2種類の抗がん剤は放射線と相性が良いという特徴があり、放射線照射を行う前か、放射線照射と同時に投与することにより、高い治療効果を得ることができます。
●免疫細胞療法
患者さん本人の細胞を体外で活性化させ、機能を増強あるいは付加した状態で体内に戻して行われる治療法です。これは、副作用がほとんど確認されていない新しいがん治療で、目に見えないがんやがんの転移防止に効果があると期待されています。

初期の無症状の段階で発見された食道がんは、最も治る確率が高くなります。定期的に検査を受けて早期発見・早期治療に努めましょう。

食道がんの病院・医院・薬局情報

病院なびでは、食道がんの治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

食道がん以外にも、歯科口腔外科、放射線治療科、皮膚科、リハビリテーション科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 泌尿器科 / 薬局 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ