大腸がん - 病院・医院・薬局情報

大腸がんとは、人間の腹部にある大腸にできるがんです。大腸がんは、肺がんとともに、近年急速に増えつつある疾患で、大腸がんによる死亡者数は、男性では第3位、女性では第1位となっています。

大腸がんは、がんの中では比較的進行が遅く、早期発見であればほぼ完治しますが、一般的に初期には自覚症状がないため、無症状の時期に発見することが重要となります。早期発見のために年に1回は大腸がん検診を受けることが重要です。

大腸がんの原因

・食生活の欧米化
日本の食生活は、米や野菜中心の和食から、肉や油などたんぱく質や脂肪分が多い洋食に変化してきました。肉や油など高タンパク、高カロリーな食事をとると、便が大腸に滞留している時間が長くなり、便に含まれる発がん性物質も長い時間滞留するため、がんが発生しやすくなるといわれています。
・喫煙
大腸だけでなく肺・食道・胃など、消化器系の臓器はたばこの影響を受けやすいという特徴があります。たばこを吸う人は吸わない人に比べて、約7倍大腸がんになりやすいといわれています。
・過度の飲酒
過度の飲酒は大腸がんの発生リスクを確実に高めることがわかっています。
・運動不足
運動不足によって腸管の動きが鈍くなることで、便秘になりやすくなります。便の通過が滞るほど、腸壁が発がん性物質に触れる時間も長くなるため、大腸がんのリスクが高くなると考えられています。
・高齢化
日本人で大腸がんの患者が増えている原因の1つが高齢化です。大腸がんは高齢になるほどかかりやすく、大腸がん患者の大部分が50歳以上の高齢者です。

大腸がんの初期症状

便秘や下痢を繰り返す、下血や血便などの便通異常は要注意です。

・下血と血便
硬い便をしたあとの肛門の傷や、痔、良性の大腸ポリープでも、下血(肛門からの出血)や血便(便に血液が付着)の症状が見られますが、大腸がんの初期症状としても現れます。
がんだとは思わず、血便が出る痔だと思い込んでしまう人は少なくありません。早期の段階で発見できるように、血便が出たら消化器科や胃腸科、肛門科などで、できるだけ早く診てもらうことが大切です。
・繰り返す下痢と便秘
食あたりや風邪などでも、下痢と便秘は一般的に見られる症状ですが、これらを繰り返す場合には、大腸がんの初期症状の場合があり注意が必要です。
また、がんが進行すると、出血により貧血を起こす場合があります。さらに腫瘍が大きくなり便が通過できなくなると腸閉塞の状態となり、突然ひどい痛みや吐き気に襲われることもあります。

大腸がんの治療法

大腸がんはがんの三大療法である、外科療法・化学療法・放射線療法を組み合わせて治療します。大腸がんは抗がん剤や放射線が効きにくいという特徴があるため、化学療法と放射線療法は、手術前にがんを縮小させたり、手術後に細かく散らばったがん細胞を死滅させたりといった補助的な役割で用いることが一般的です。

・外科療法
以前は、下腹部を切開する開腹手術しかありませんでしたが、現在は、病状(部位や進行度)によって小さな傷ですむ「腹腔鏡下手術」が行われています。
また、早期の大腸がんでは、肛門から大腸内視鏡(大腸ファイバー)を挿入し、内視鏡の処置のみで切除できるケースもあります。この場合、まったくお腹に傷をつけずに治療することが可能です。
・抗がん剤
抗がん剤を使って、がんの進行を遅らせる治療です。大腸がんでは、おもに術後に再発を防止する目的で行うか、もしくは手術ができない場合に延命を目的として行います。
大腸がんに対する抗がん剤は、注射・点滴薬のほかに、飲み薬もいくつかの種類が用いられています。
・放射線治療
体の表面から高エネルギーのX線を照射することで、がん細胞にダメージを与える治療法です。
大腸がんは基本的に放射線の感受性が低く、根治のための治療としては使われていません。
おもに術前に少しでも腫瘍を小さくするために行うか、もしくは直腸がんの手術後に再発や人工肛門(ストーマ)を避ける目的で行われるケースが多く見られます。

このほかに、近年では免疫療法についても徐々に研究は進んでいますが、まだ保険診療で受けられるものはありません。

大腸がんを早期に発見するために・・・

大腸がんの血便を自分で判断するのは難しいため、定期的に大腸がん検診を受けることが大切です。年に1度の便潜血検査を受け、血が認められた場合は大腸内視鏡検査を受けるようにすると、高い確率で大腸がんを早期発見することができます。
大腸がんの便潜血検査は、40歳以上の人を対象に各自治体で行われています。案内が届いたら必ず受けるようにしましょう。

大腸がんの検査には下記のような検査があります。

  • 便潜血検査
  • 注腸造影検査
  • 大腸内視鏡検査
  • CT・MRI検査

大腸がんの病院・医院・薬局情報

病院なびでは、大腸がんの治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

大腸がん以外にも、産科、歯科、泌尿器科、小児歯科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 矯正歯科 / 歯科口腔外科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ