白内障 - 病院・医院・薬局情報

白内障とは、目の水晶体という部分が白く濁ってくる病気です。
白内障は、加齢に伴って発生する場合が最も一般的で、老人性白内障(加齢白内障)といわれています。

老人性白内障は加齢によって水晶体に含まれるタンパク質が白く濁ったり、硬くなったりすることが原因で発症します。早い人では40歳から発症し、80歳を超えるとほとんどの人が白内障の状態にあるといわれています。
老人性白内障は白内障患者の7割以上を占めますが、他にも先天性や外傷性、アトピー、糖尿病など代謝性の病気、薬剤や放射線による白内障もあります。

白内障は、放置さえしなければ基本的には失明する病気ではありません。しかし一度発症すると、薬では治りません。薬による治療では、白内障が発生する前に予防をするか、発症した初期に症状を抑えることが出来ますが、最終的には手術をする以外の方法はありません。

白内障の症状

白内障の初期の段階ではあまり自覚症状がない場合が多く、気が付きにくい病気です。
進行するにつれて、目がかすむ、ぼやけて見えにくい、光がまぶしく感じるなどの症状が現れます。また、遠くが見えにくく感じるために、近視が進んだように感じる場合もあるようです。白内障は、進行しても基本的に痛みがありません。

加齢性の白内障は徐々に進行するため、気が付いたときには手術以外の方法が選べなくなっている場合が多くあります。ごく初期に発見する事が出来れば、薬剤で進行を抑制することが可能です。心身ともになるべく負担の少なくなるようにするためにも、定期的な診察や、早めの受診を心がけると良いでしょう。

白内障の治療法

≪薬物治療≫
初期であれば点眼薬で進行を遅らせられる場合があります。ただし、点眼薬で水晶体の濁りをなくすことはできません。白内障があることが分かったら、定期的に受診して検査を受けましょう。
≪手術による治療≫
白内障を治す方法は、手術が唯一の手段です。白内障の症状が進んで、日常生活に不便を感じるようになり、視力の回復を望む場合には手術を検討します。
白内障手術は、眼の中の濁った水晶体を取り除き、その代りとなる人工のレンズを挿入する手術です。
手術には術後の管理も含めて3~4日の入院を必要とする場合が一般的ですが、日帰りでの手術をおこなっている病院もあります。日帰りでの手術が可能かどうかは、患者さんの全身状態や、合併症の有無、手術後に通院できるかなど、いくつかの条件を満たすことが必要です。
白内障の手術は眼球の内部へおこなう手術であるため、とても繊細で、緻密な技術が求められます。なかには術後に重い視力障害になるケースもあります。手術前に医師とよく相談してそれぞれに合った方法で納得して受けることが大切です。

白内障の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、白内障の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

白内障以外にも、内科、泌尿器科、皮膚科、産婦人科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: リハビリテーション科 / 薬局 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ