糖尿病性網膜症 - 病院・医院・薬局情報

糖尿病性網膜症とは、糖尿病の主な合併症として発症する病気で、目の中の網膜という組織が障害を受けることで視力が低下したり、進行が進むと失明したりする疾患です。

「網膜」には多くの毛細血管が広がっています。糖尿病になると血液の中の血糖があがり、シロップ状のドロドロした血液になります。そのため、毛細血管の中で血液が流れにくくなってしまい、血管がつまって出血します。
出血した場合、しばらくすれば出血は吸収されますが、網膜は出血のために視力低下をおこします。また、出血の後に膜が形成され、その膜が縮むと網膜剥離をおこして失明に繋がる事があります。

糖尿病性網膜症の症状

糖尿病発症後、数年から10年くらいで糖尿病網膜症を発症しますが、初期には症状があまりありません。自覚症状を感じたときには、網膜症がかなり進行していることがほとんどです。
ある程度網膜症が進むと、視野の中に蚊のような小さな虫が飛んでいるように見える「飛蚊症」が現れます。また、網膜で出血が起こると、視野に黒いカーテンがかかったような感じがすることがあります。
また、網膜の中心にあり、ものを見るのに最も重要な「黄斑」という部分に病変が及ぶと、急激な視力低下をもたらします。さらに網膜症がすすむと網膜剥離を起こすことがあり、この場合も視力が低下します。

糖尿病網膜症の治療法

糖尿病網膜症は、完全には治すことのできない病気です。治療は、症状の悪化を防ぐために行われます。

・血糖コントロール
初期の糖尿病網膜症の段階であれば、血糖コントロールをしっかり行うことで、網膜症の進行を食い止めることができます。
・網膜光凝固術
病状が進行していた場合には、新生血管を減らし、新たな新生血管の発生を抑えるために、レーザーを照射する網膜光凝固術を行います。病変部の広がりに応じて、網膜の一部に照射する「局所網膜光凝固術」と、黄斑を除く網膜全体を凝固する「汎網膜光凝固術」があります。
網膜光凝固術は網膜症の進行を抑え、失明を防ぐためには必要な治療です。早期であれば約80%に効果が見られます。ただし、病気になる前の網膜の状態や視力に戻るわけではありません。
・硝子体手術
網膜症が進行していて、光凝固術で効果が上がらなかった場合や、急激に視力が低下した場合は、硝子体手術が行われます。
通常、眼球に小さな孔を三つ開けて、眼球内を照らすライト、手術器具、眼球の圧力を保つため液や空気を注入する器具を入れます。出血によって濁ってしまった硝子体や、出血や牽引性網膜剥離を起こしている増殖膜を丁寧に除去します。網膜剥離が起こっている場合は、眼内に空気を入れて、網膜を元の場所に戻します。
しかし、この治療も視力を回復させたり、網膜を健康な状態に戻したりすることはできません。

糖尿病と診断されたら・・・

糖尿病性網膜症は初期には自覚症状が無く、本人が気がつかない内に進行する病気です。
糖尿病の治療が良好でも、罹病期間が長くなると発症してくるので、眼科で定期検査を受けることがとても重要です。早期に適切な治療をすれば、糖尿病性網膜症の進行を抑える事ができます。

関連項目
糖尿病
眼科

眼科系 の他の 治療/対応可能な疾患 で検索

白内障(1,425)
ものもらい(1,399)
眼瞼下垂(846)
網膜剥離(422)

糖尿病性網膜症の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、糖尿病性網膜症の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

糖尿病性網膜症以外にも、薬局、心臓血管外科、整形外科、内科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 眼科 / 外科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ