心臓神経症 - 病院・医院・薬局情報

心臓神経症とは、胸痛、動悸、呼吸困難、めまいや息切れなど心臓病によくみられる症状があるにもかかわらず、心臓を検査しても何も異常が見つからない状態をいいます。

これは心臓病というよりはむしろ「こころの病気」というほうが正しいといえます。

心臓神経症は、神経質な人、親しい人を心臓病でなくして心臓病に対して不安感をもっている人、子どもから手が離れ自由な時間が増えて自分の体の状態が気になるようになった女性などによく見られます。

心臓神経症の症状

ほとんどの患者さんに胸痛の症状があらわれます。その他、動悸、息切れ、呼吸困難、めまいなどの症状がでることがあります。
胸痛は一見、狭心症の症状と似ていますが、よく調べると多くの点で違いがあることがわかります。心臓神経症で感じる胸痛は「ズキズキ」や「チクチク」と表現されるような痛みで、痛む部分が左胸のごく狭い範囲に限られていて、手で圧迫すると痛みが強くなるという点が特徴です。この痛みは活発に動いているときや興奮時にはあまり見られません。たいていは一人で静かにしている時に現れ、場合によっては、1日中痛みが継続することもあります。

心臓神経症の原因

心臓神経症の原因とされているのが、心臓病に対する極度の不安、過労、ストレスなどがあげられます。不安や疲労、ストレスは、心臓の機能と関係の深い交感神経に影響を及ぼします。交感神経が刺激されることで心拍数が増加して、強い動悸を感じるようになります。こうした症状が続くと、「自分は心臓病ではないか?」という不安が生まれ、その不安が徐々に大きくなるにつれて、胸痛、呼吸困難、めまいなどのより大きな症状が引き起こされるようになります。

心臓神経症の治療方法

心臓神経症の症状は心臓病に似ていますが、実際は心の病気と言えます。
医師は、症状が起こる仕組みを患者さんによく説明して納得してもらうと同時に、患者さんの症状を引き起こしている原因が何であるのかを調べて、それに対するアドバイスをします。
症状が強い場合には、心臓のはたらきを抑えるβ(ベータ)遮断薬や精神安定薬が処方されることもあります。
薬を服用しても症状が続く場合には、心療内科や精神神経科とも連携して、治療を進めていくことになります。

心療内科系 の他の 治療/対応可能な疾患 で検索

自律神経失調症(1,912)
PTSD(617)
痙攣性便秘(951)

心臓神経症の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、心臓神経症の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

心臓神経症以外にも、薬局、歯科口腔外科、消化器内科、婦人科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: リハビリテーション科 / 外科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ