病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

アルコール依存症の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

アルコール依存症とは、長い間、大量にお酒を飲み続けることによって、しだいにお酒なしではいられなくなる病気です。初めは単なる習慣のつもりで飲んでいても、お酒を飲まないと気分が晴れず、さらにお酒が切れるとイライラする、不安になる、手が震える、夜眠れない、汗をかく、食べたものを吐くなどの症状(離脱症状)が出てきます。

アルコール依存症から回復するためには断酒が基本ですが、その他に心理社会的治療も行います。心理社会的治療は、患者さんの断酒しようとする気持ちを維持して支えるために、お酒を飲まない習慣を身に付けること、良好な人間関係を構築・維持していくこと、社会生活上のストレスに打ち勝つことを目的に行われます。
治療の方法としては、多くの場合、入院治療が選択されます。
アルコール依存症からの回復(断酒継続)には数年という長い時間がかかります。一般的に約3年間断酒期間が継続すれば、ようやく安定した日常生活を送ることができるようになるといわれています。

合併症

アルコールに起因する合併症には、胃炎、膵炎、膵石、肝炎、肝硬変、心筋症などの内科疾患、末梢神経炎、小脳変性症、ウェルニッケ・コルサコフ症候群、前頭葉機能障害、アルコール痴呆などの神経・精神疾患があります。

アルコール依存症の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、アルコール依存症の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

アルコール依存症以外にも、精神科、肛門科、皮膚科、放射線診断科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 内科 / 薬局 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ