PTSD - 病院・医院・薬局情報

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは、日常とはかけ離れた強烈なストレスによって、心に深いトラウマ(心的外傷)を負った後に発症する心の病気です。

過去の耐え難い苦痛な体験で受けたトラウマの後遺症として、日常生活に支障を来たすような様々な障害が現れてきます。トラウマには事故・災害時の急性トラウマと、児童虐待など繰り返し加害される慢性の心理的外傷があります。

出来事の例としては、災害、暴力、深刻な性被害、重度事故、戦闘、虐待などがあげられます。また、そのような出来事に他人が巻き込まれるのを目撃することや、家族や親しい人が巻き込まれたのを知ることもトラウマ体験となります。

PTSDの症状

●侵入症状(フラッシュバック)
トラウマとなった出来事に関する不快で苦痛な記憶が突然よみがえってきたり、悪夢として反復されたりします。また思い出したときに気持ちが動揺したり、動悸や発汗を伴います。
●回避症状
トラウマとなった出来事を思い出す状況を避けようとすることです。思い出させる人物、場所、事物、状況、会話などを回避します。
また、不快な気持にならないようにするためにつらいことを考えたり感じないようにするあまり、感情自体が麻痺してしまい、つらい感情だけでなく心地よさや人を愛する気持ちまでも感じられなくなってしまったりします。なかには、出来事の一部を思い出せなくなる人もいます。
●認知と気分の陰性の変化
否定的な認知、興味や関心の喪失、周囲との疎隔感や孤立感を感じて、幸福感や愛情などがもてなくなります。
●覚醒度と反応性の著しい変化
いらいら感、無謀または自己破壊的行動、過剰な警戒心、ちょっとした刺激にもひどくビクッとするような驚愕反応、集中困難、睡眠障害がみられます。

上記の症状が1ヵ月以上持続し、それにより苦痛や、日常生活に支障をきたしている場合、医学的にPTSDと診断されます。

PTSDの治療法

トラウマの体験直後にはPTSD症状が生じます。しかし、多くの場合は時間とともに自然に回復します。自然回復を促すために、「もう、かつて起こったような恐ろしい衝撃的な出来事は起こらない」と確信できるような安全で、安心できる環境を作るように周囲の人が配慮することが大切です。1ヶ月を過ぎても自然回復しない場合は、専門的な治療の対象となります。

治療には、PTSD症状を軽くするための対象療法である薬物療法と、PTSDという疾患そのものを治療する方法の心理療法があります。

●薬物治療
薬物療法は、PTSDの様々な症状による苦痛や不快感を軽減させるために行われます。例えば、夜なかなか寝付けない、眠っても眠りが浅く何度も目がさめてしまうといった不眠症状に対しては睡眠薬を、また、気持ちが冴えず何もやる気がしないなど、気分の強い落ち込みに対しては抗うつ薬を服用します。
適切な服薬で感情の波を上手くコントロールしながら、元の生活を取り戻せるようにサポートしていきます。
●心理療法
心理療法では、通常は断片化されているトラウマ体験時の記憶をつなぎあわせて記憶を再構築したり、原体験と似た状況を人為的に作り出してトラウマを再体験するなどの手段を使います。意識から払いのけたい衝動が生じるトラウマ体験を直視できるように手助けすることで現実と向き合い、出来事が消化できるまで治療を続けます。またカウンセリングなどを通じて、不合理なほど強くなってしまった自責の念など、PTSDで生じやすい誤った考えの矯正も行います。
また、最近の新しい治療法としてEMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)があります。 これは、問題の記憶場面を思い浮かべながらリズミカルに目を動かすという方法で、外傷的記憶を処理するという効果があります。

PTSDになるかならないかは、個人差があります。また、どのような人がPTSDになりやすいかは、現状ではわかっていません。言い換えれば、誰にでも起こる可能性があるのです。自分や周りの人が、PTSDに似た不安な症状を抱えている場合は、一度精神科を受診して医師の診断を受けましょう。

関連項目
心療内科

PTSDの病院・医院・薬局情報

病院なびでは、PTSDの治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

PTSD以外にも、循環器内科、消化器外科、内科、心療内科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: リハビリテーション科 / 肛門科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ