病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

花粉症 - 病院・医院・薬局情報

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があり、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。現在、日本人の約25%が花粉症だといわれています。

主なアレルゲン

スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど。
日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されています。

花粉症の症状

鼻の三大症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)だけでなく、目の症状(かゆみ、涙、充血など)を伴う場合が多く、その他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。

最近では、通年性アレルギー性鼻炎(アレルゲンがダニ・ハウスダスト・ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛・フケなど)と花粉症の両方を発症し、ほぼ一年中くしゃみ・鼻水・鼻づまりや目のかゆみの症状がある人が増えています。

花粉症の治療法

大きく分けて薬物療法・減感作療法・手術療法の3つがあります。花粉飛散開始前から治療をはじめる初期療法についても知っておきましょう。

【1】薬物療法

・初期療法
花粉症などのアレルギーは、症状が悪化すると薬が効きづらくなります。しかし、軽いうちに薬を使いはじめると、花粉の飛散量が多くなった時期でも症状をコントロールしやすく、そのシーズンの症状を軽くすることができます。
初期療法とは、花粉の飛びはじめる2週間くらい前から症状を抑える薬(抗アレルギー薬)の使用をはじめる治療です。

≪初期療法のメリット≫
● 症状の出現を遅らせることができる
● 飛散量の多い時期の症状を軽くできる
● 併用する薬の量や使用回数を少なくできる
・導入療法
導入療法は、症状が強くなってしまってからはじめる治療です。 経口ステロイド薬の一時的(1週間以内)な服用や、鼻噴霧用ステロイド薬(点鼻薬)なども必要となります。
・維持療法
維持療法は、初期療法や導入療法で症状が抑えられた状態を保つための治療です。
第2世代抗ヒスタミン薬や、症状が重い場合には鼻噴霧用ステロイド薬(点鼻薬)を使います。

【2】減感作療法

減感作療法は、花粉症の原因となっている抗原を、少しずつ量を増やしながら注射をしていき、抗原に対する反応を弱めていく方法です。2~3年という長い期間の治療が必要となりますが、唯一、アレルギーを治す可能性のある治療法であり、約70%に有効と考えられています。

【3】手術療法

手術療法は、主に鼻づまりの症状が強い患者さんに対して行われます。 鼻の粘膜を切除して小さくする手術で、最近では、レーザー手術など、入院をせず外来で行える方法が普及しています。

花粉症対策

花粉症の症状を軽くするためには、治療とともに花粉が体に入ってこないようにする注意や工夫が大切です。

  • 花粉の飛散の多いときは外出を控える
  • 外出時にマスク・眼鏡を着用する
  • 帰宅時、衣服や髪についた花粉を外で払ってから入室する
  • 洗顔、うがいをして体についた花粉をきちんと洗い流す
  • 掃除をこまめに行う
  • 花粉の飛散時期は、洗濯物・布団は外に干さない
  • 空気清浄機を活用する

積極的に花粉症対策に取り組み、つらいシーズンを乗りきりましょう。

花粉症の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、花粉症の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

花粉症以外にも、薬局、耳鼻いんこう科、呼吸器内科、歯科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 内科 / 皮膚科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ