病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

胃カメラで胃がん検診/人間ドックが受けられる病院 - 病院・医院・薬局情報

胃がん検診

胃がんは日本人のがんによる死亡者数では第2位となっており、日本人は胃がんになりやすい民族といえます。男性に多くみられるがんで、罹患数は50代~60代がピークとなります。
しかし、最近では胃がんの内視鏡検査が普及し、胃カメラで精密検査をする人が増えてきたため、早期に発見できるケースが増えています。胃がんを早期発見することができれば、約98%を治すことができるといわれています。

胃がんとは?

胃がんとは胃の粘膜にできた悪性腫瘍のことを言います。

胃がんは通常、胃の1番表面の粘膜にがんが発生しますが、放っておくと粘膜→粘膜筋板→粘膜下層といったように、深く浸潤していきます。
胃がんは、がんの進行が粘膜下層までで留まっている状態の「早期胃がん」と、それ以上に深く浸潤している状態の「進行胃がん」の二つに分けられます。

「進行胃がん」の中でも最も悪質とされているのが、「スキルス胃がん」です。スキルス胃がんは他の胃がんと同じように粘膜に発生しますが、粘膜上に目立った変化が見られないのに、実はがんが粘膜内を深く浸潤しているという悪性度の高いがんです。症状もほとんど現れません。
またスキルス胃がんはがん細胞が活発で、血液やリンパの流れにのり転移しやすいという特徴があります。そのため発見された時には手遅れになっているというケースもあります。
胃がんは中高年に多いがんですが、スキルス胃がんは20代、30代の若年層に多いという特徴があります。

胃がんの原因

胃の中は粘膜で覆われていますが、胃粘膜が長期間刺激され続けると正常な細胞が突然変異を起こし、がん細胞へと変異すると考えられています。

胃粘膜を刺激する要因としてあげられるのは、塩分の過剰摂取、動物性食品の摂取などの食生活・喫煙・ヘリコバクターピロリ菌の感染・ストレス・慢性的な胃炎などがあげられます。

ヘリコバクターピロリ菌に感染した人のすべてが胃がんになるわけではありませんが、現在、除菌療法が胃がんにかかるリスクを低くするという研究結果があります。
感染していることがわかれば除菌療法が推奨され、定期的な胃の検診を受けることが勧められます。
感染の有無に関わらず、禁煙する、塩や高塩分食品のとり過ぎに注意する、野菜、果物が不足しないようにするなどの配慮がとても大切です。

胃がんの症状

胃がんは、初期の場合、自覚症状が出ることは少なく、かなり進行しても無症状の場合があります。

代表的な症状は下記の通りです。

  • 胃の辺りがシクシク痛む
  • 食事をとると胃の痛みが改善する
  • 食欲不振
  • 胸焼け
  • 腹部の不快感
  • 腹部膨満感 など

さらに、体重の減少・食欲不振・貧血・食事がつかえるなどの症状がある場合には、進行胃がんの可能性もあるため、早めに医療機関を受診する必要があります。

胃がんの治療方法

胃がんの治療法では、外科療法・化学療法・放射線療法・免疫療法などがあります。胃がんの場合は、抗がん剤が効きにくいという特徴があり外科療法が特に重要となります。

●外科療法
手術によってがん患部を直接的に切除する治療法です。進行度によって内視鏡/腹腔鏡手術と開腹手術とに分かれます。
●放射線治療
手術で切除ができない進行したがんや、再発・転移したがんに放射線をあて、がん細胞を縮小・破壊する治療法です。
●化学療法(抗がん剤治療)
手術前にがんの大きさを小さくしたり、手術が終わった後に再発を予防するために行われる治療法です。
●免疫治療
サイトカイン(免疫細胞を作る物質)やワクチンなどにより本人の免疫力を高め、がんを破壊させる比較的新しい治療法です。

胃がん検診を受けましょう!!

早期胃がんは、多くの患者さんが検診によって発見されています。症状の有無に関わらず、定期的に検診を受けることが、早期発見のために最も重要なことです。
胃がんの検査には「胃X線検査」「胃内視鏡検査」「ペプシノゲン検査」「ヘリコバクターピロリ抗体検査」などがあります。

●胃X線検査
胃X線検査は、バリウムと発泡剤をのみ、胃の中の粘膜を観察する検査です。胃がんを見つけることが目的ですが、良性の病気である潰瘍やポリープも発見されます。検査の感度は、70~80%です。
●胃内視鏡検査
胃の中を内視鏡で直接観察する検査です。内視鏡を口や鼻から挿入するため、喉や鼻の麻酔、鎮静剤や鎮痛剤などの注射を用いることがあります。内視鏡検査は、胃の中の小さな病変を直接見つけることが可能で、胃X線検査でがんなどが疑われた場合でも、確定診断をつけるための精密検査として行われます。
●ペプシノゲン検査
血液検査によって、胃粘膜の萎縮度(いしゅくど)を調べます。胃がんを直接見つけるための検査ではありませんが、一部の胃がんは萎縮の進んだ粘膜から発生することがあるため、この検査をきっかけにして胃がんが発見されることがあります。
●ヘリコバクターピロリ抗体検査
血液検査などによって、ヘリコバクターピロリ菌に感染している、または、感染したことがあるかどうかを調べることができます。ヘリコバクターピロリ菌感染は、胃がんの発生リスクを高めますが、感染した人がすべて胃がんになるわけではありません。

胃がんは早期に発見すれば約98%を治すことができるといわれています。異常に気づいたらできるだけ早く病院を受診することが大切です。

胃がん検診(胃カメラ可)の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、胃カメラで胃がん検診/人間ドックが受けられる病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

胃がん検診(胃カメラ可)以外にも、歯科口腔外科、眼科、歯科、糖尿病内科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 矯正歯科 / 外科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ