脊柱管狭窄症 - 病院・医院・薬局情報

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは、背骨の真ん中にある脊柱管という神経を入れる管が、背骨のゆがみやずれ、脊柱管内の黄色靭帯の増殖、椎間板ヘルニアなどによって狭くなってしまう疾病です。脊柱管が狭くなることで神経が圧迫されて、痛みや痺れ、感覚麻痺などの症状があらわれます。

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症は、歩き始めてからしばらくすると足や腰にしびれが出始め長く歩き続けられなくなるが、休憩したり前かがみになったりするとしびれが収まる「間欠跛行」という症状が特徴的です。

主な症状

●間欠跛行
しばらく歩いていると、下半身にシビレや痛みが出て歩けなくなるが、しばらく休むと楽になってまた歩けるようになる。
●前かがみになると楽
体が後ろに反ったとき腰にしびれや痛みがあるが前かがみになると楽になる。
●歩いたり立ったりしなければ無症状
楽な姿勢で座っているときは、痛みやシビレを感じない場合が多い。
●排尿障害
神経が圧迫されることにより、排尿・排便障害が生じることがある。 など

脊柱管狭窄症の原因

原因には、先天性と後天性のものがあります。後天性の原因は、主に加齢です。

●先天性
非常にまれですが、生まれつき脊柱管が狭い場合があります。
●後天性
  • 加齢
    加齢とともに脊椎にゆがみが出て脊柱管を圧迫したり、摩耗によって骨の尖った部分が神経を押しつぶしたりするようになると、しびれや痛みを引き起こします。
  • 椎間板の異常
    脊椎の骨と骨をつないでクッションの役割を果たしている椎間板という組織が何らかの理由で骨の間からはみ出してしまうことがあります。この状態を「椎間板ヘルニア」といい、このとき飛び出した椎間板が脊柱管を圧迫することで脊柱管狭窄症を発症します。
  • 筋力の低下
    骨は筋肉で支えられているため、筋力が低下すると骨に直接負担がかかるため発症しやすくなります。

脊柱管狭窄症の治療法

脊柱管狭窄症の治療には、主に「保存療法」と「手術療法」があります。

●保存療法
保存療法には主に、下記の方法があります。
  • 薬物療法
    薬物療法は根本的な治療ではありませんが、痛みを和らげるには効果的です。一般的には、鎮痛剤を使用します。症状によっては、血液の循環を良くする薬なども使われます。
  • 神経ブロック注射
    痛みのある周辺の神経に麻酔薬を注射することで、痛みが伝わる経路を遮断し、痛みを取り除く方法です。神経ブロック注射には、血流を良くする効果もあり、継続的に行うことで、治癒力を高める効果も期待できます。
  • 温熱療法
    ホットパックや電気、超音波などを使用し、患部を温めることで痛みを軽減する方法です。患部を温めて血行が良くなると、炎症や痛みを感じさせる原因となる化学物質や疲労物質が患部から流れ出ていくため痛みが和らぐ効果があります。
  • 装具療法
    脊柱管狭窄症は、腰の反りにより脊柱管を圧迫するため、前屈姿勢を保つことができれば、圧迫が軽減できます。そのため、痛みがひどい場合に強制的に前かがみの姿勢にするコルセットを着用することがあります。
  • 運動療法
    運動療法の目的は腰痛の原因を根本的に治すことです。運動療法は目的に応じて次の3種類に分類することができます。
    ・柔軟性を高める:柔軟体操とストレッチ運動
    ・体力を高める:有酸素運動
    ・筋力を高める:筋力トレーニング
これらをバランスよく組み合わせて、人体を本来の自然な状態に戻していくと同時に、腰痛になりにくい体づくりをすることが重要です。
●手術療法
保存療法を続けても症状が改善しない場合や、すでに重度の神経障害が見られる場合などは手術を検討します。
脊柱管狭窄症の治療のために行われる手術は、脊椎が安定しているか、不安定なのかによって大きく2つに分けられます。
安定している場合には、狭くなっている部分の骨を削り、神経などの圧迫を取り除く手術が行われます。脊椎が不安定な場合は、神経を押し潰している箇所を切り取る手術に加えて、脊椎を固定し安定させる手術と組み合わせて行われます。
関連項目
腰痛
整形外科

脊柱管狭窄症の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、脊柱管狭窄症の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

脊柱管狭窄症以外にも、神経内科、外科、内科、糖尿病内科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 歯科口腔外科 / 歯科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ