ぎっくり腰 - 病院・医院・薬局情報

ぎっくり腰とは、病名「急性腰痛症」の通称で、突然腰の痛みをともない、動くことが困難になる疾患です。

何か物を持ち上げようとしたとき、急に腰をひねったなどの動作をしたときなどに起こることが多い疾患ですが、朝起きた直後や、何も動作をしていないときにも起こることがあります。

ぎっくり腰の原因は?

痛みの原因は様々ですが、「筋肉疲労」「背骨のゆがみ」「腰への急激な負荷」が主な原因として考えられています。
特に、筋肉疲労や背骨のゆがみが蓄積した状態で、重いものを持ち上げたり、くしゃみをするなどの動作が引き金となって発症するケースが多くみられます。
しかし、もともと腰に持病がある場合には、特に無理な動作をしたわけではないのに急に発症するケースもあります。

ぎっくり腰の症状

症状の多くは、突然、腰に動くことができないほどの激痛が起こります。歩くのはもちろん、くしゃみや咳をしたり寝返りをうったりするだけでも強い痛みが起こります。

また、最初は腰に違和感を感じる程度で、徐々に痛みが強くなるタイプのぎっくり腰もあります。

ぎっくり腰になってしまったら?

一般的にぎっくり腰は2週間程度で自然治癒できる疾患です。
そのため、ぎっくり腰になってしまったら、まずは自分の楽な姿勢をとって安静にして過ごしましょう。その際、やや前屈し、ヒザを曲げて横向きで寝ると、腰への負担が少なくなって痛みが和らぎます。

痛みが強くても、仕事などで動かなければならない場合には、「腰痛ベルト」や「コルセット」を装着するとよいでしょう。
腰痛ベルトやコルセットは、腹部を適度に圧迫して腹圧を上げることで、腰椎への負担を軽減してくれます。装着すると、痛みが出ない姿勢を保つことができ、起き上がるときに楽になったりします。

ぎっくり腰の治療法

ぎっくり腰になってから、1~2日安静にしていても痛みが軽減しない場合には、医療機関を受診しましょう。痛みが強い時には、消炎鎮痛剤の湿布薬や内服薬が処方されます。

消炎鎮痛剤が効かないほどのひどい腰痛や、治療を続けていてもなかなかよくならない腰痛に対しては、「神経ブロック注射」治療が行われることもあります。
「神経ブロック注射」は、腰痛をもたらす原因となっている神経や、その周辺に局所麻酔薬を注射し、痛みを抑える治療法で、ペインクリニックや整形外科の外来で受けることができます。

早急に医療機関を受診すべき腰痛

急な腰痛を起こす原因の中には、ぎっくり腰の他にも内臓の病気や脊椎の病気などあります。
下記の症状がある場合には、何かの病変に関連した腰痛かもしれないため、早急に医療機関を受診しましょう。

  • 楽な姿勢がなく、いつも腰の痛みを感じる
  • 発熱、冷汗が出る
  • 腰の痛みがどんどん増していく
  • 下肢のしびれや脱力感がある
  • 排尿、排便の異常がある
関連項目
整形外科

ぎっくり腰の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、ぎっくり腰の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

ぎっくり腰以外にも、皮膚科、循環器内科、矯正歯科、薬局などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 内科 / 神経内科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ