病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

腰痛の専門治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

腰は身体の要となる重要な部分です。座ったり、立ったり、歩いたりなど、ほとんどの行動は腰を起点に動きます。背骨はとても複雑な構造になっているため、ちょっとしたヒズミが生じただけでも不調の原因となり、腰痛が起こります。

腰痛には、ぎっくり腰のように突然おこる急性腰痛症から、繰り返し起きる慢性腰痛症までさまざまな疾患があります。中には、内臓の疾患のせいで腰に痛みが出るケースもあり、その原因、程度、頻度も多様です。

腰痛を起こす主な疾患

●慢性筋肉性腰痛症
腰の骨を支える筋肉や靱帯に疲労がたまった状態です。軽い症状の場合はストレッチなどによって回復しますが、筋肉の疲労が積み重なると、腰の筋肉がこわばり、鈍い痛みを常に感じるようになります。これが慢性筋肉性腰痛症です。
●ぎっくり腰(突発性腰椎捻挫)
重い荷物を持ち上げる、身体をねじるなど、急に腰に負担をかけたときに、腰椎の周辺にある関節包や靱帯、筋肉、椎間板などを強く捻挫または、大きく損傷した場合に起こります。
●椎間板ヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)
椎間板は、背骨を構成しているうちのひとつで、衝撃を吸収するクッション材の役割をしています。椎間板は、中央にゼリー状の髄核(ずいかく)がありますが、その部分が外に飛び出してしまうことをヘルニアと呼びます。
背骨に負担をかけている日常生活(長時間の座り仕事や運転、運動など)、椎間板の老化、姿勢の悪さからくる骨盤の歪みなどがある状態で、急に腰に大きな力が加わることにより生じます。
腰痛の他にもお尻や太もも、足への痛みやしびれを感じるようになり、歩行が難しくなるケースもあります。
●腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)
背骨には脊髄神経が通るトンネル「脊柱管(せきちゅうかん)」があります。椎間板や椎間関節の老化や変形などにより、脊柱管が狭くなることで、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されて痛みやしびれが起こる病気です。
神経が圧迫されると下肢の痛み、しびれ、脱力感が出てしまい、歩き続けることが困難になります。重症例では、排尿障害が起こることもあります。
●脊椎分離症・すべり症
脊椎分離症・すべり症は、4番目、5番目の腰椎にみられやすい疾患です。腰部を構成している「腰椎」の一部が切れて分離した状態を脊椎分離症分離症いい、分離した部分の上の骨が前に滑った状態をすべり症といいます。

痛みの直接的な原因は、椎間関節の老化、椎間板症、脊椎体からの骨棘による圧迫などにより起こるものと考えられます。腰痛のほか、下肢にしびれや痛みなどの症状もみられることがあります。
●変形性脊椎症
変形性脊椎症では、主に加齢に伴って、背骨の関節や椎骨に骨棘(こつきょく)というトゲのような骨が増殖したり、椎間板の状態が悪く変化してしまうことで起こります。骨棘は、50歳で80%以上の人にみられると言われています。
進行すると神経を刺激することもあり、下肢のしびれや痛み、脱力感といった症状を起こすことがあります。

腰痛を起こす内臓の病気

下記の症状があるときには、内臓の病気が関連している場合があります。腰痛や背中の痛みを伴う内臓の病気には、胃腸・膵臓・腎臓・膀胱などの疾患や子宮内膜症・子宮ガン・血管の閉塞などがあります。
急いで治療が必要な場合もあるため、腰痛以外の症状についても意識をしておきましょう。

  • 体を動かさずにじっとしていても、横になっていても腰が痛む
  • 発熱や冷や汗が出る
  • 夜間に腰が痛む
  • 脱力感・麻痺・しびれがある
  • 排尿・排便をする際に異常がみられる
  • 日ごとに腰痛が悪化する

腰痛の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、腰痛の専門治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

腰痛以外にも、肛門科、放射線科、内科、胃腸科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 耳鼻いんこう科 / 婦人科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ