帯状疱疹 - 病院・医院・薬局情報

帯状疱疹とは、文字通り「帯状の水疱や発疹が出る」病気で、水疱瘡の原因である水痘帯状疱疹ウイルスで発症します。ただし、新たに水痘帯状疱疹ウイルスに感染して発症するのではなく、過去に水疱瘡を発症した時のウイルスが神経に潜んでいて、免疫系が弱まるタイミングで発症します。

帯状疱疹の症状

発疹が出る前は、皮膚にチクチク、ピリピリするような痛みが起こることから始まります。
その後、痛みを感じた場所にブツブツとした赤い発疹ができ、小さな水ぶくれとなって帯状に広がります。この症状は、特に胸から背中、腹部などによくみられます。他には顔や手、足にも現れます。症状が現れるのは体の左右どちらか片側だけで、一度に2ヵ所以上の場所に現れることはほとんどありません。
症状自体は大体1ヶ月近く継続することが多く、発疹の痕が消えるまでにさらに2~3週間を必要とします。

進行したメラノーマに対しては、外科療法の他、抗がん剤による化学療法、リンパ球などを使った免疫療法、および放射線療法などいろいろな手段を組み合わせた治療(集学的治療)が行われます。

帯状疱疹の治療

原因になるウイルスに対しては抗ウイルス薬を使用し、痛みに対しては消炎鎮痛薬を服用します。また、水疱がつぶれて細菌感染した場合は、抗菌薬を使用します。

帯状疱疹自体は、1ヶ月ほどでピリピリした痛みが治まり、ほとんどが自然治癒します。痛みが消えた後でも皮膚に痕が残りますが、2~4週間ほどで皮膚症状も治癒します。
しかし、皮膚症状が回復しても痛みだけが残り、いつまでも続く場合があります。これを「帯状疱疹後神経痛」といいます。
若い人の場合は、ウイルスによって破壊された神経の回復は良好ですが、高齢者では回復が困難で、帯状疱疹後神経痛が残りやすいといわれます。神経痛が残るリスクを減らすためにも、早期治療することが大切です。

また、帯状疱疹が目のまわりに出た場合には、視力障害を起こすことがあるので注意が必要です。早急に眼科で診察を受けましょう。

帯状疱疹の予防

帯状疱疹の予防には、水疱瘡ワクチンの接種が有効です。水疱瘡ワクチンを新たに接種すると、その後の帯状疱疹の発症率が減少します。また、帯状疱疹を発症した場合でも、帯状疱疹後神経痛の発症率が減少することが報告されています。

目のまわりに帯状疱疹が出た場合や、疱疹と同時に気になる症状が出たときは、少しでも早く病院を受診しましょう。

帯状疱疹の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、帯状疱疹の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

帯状疱疹以外にも、歯科口腔外科、小児歯科、脳神経外科、歯科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 皮膚科 / 薬局 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ