前立腺がん - 病院・医院・薬局情報

前立腺がんとは

日本で前立腺がんにかかる人は、年間約2万人で、亡くなる人は、年間約1万人です。男性の泌尿器系のがんの中では最も多く、近年増加傾向にあります。
以前は早期に発見することが難しい病気でしたが、現在は、検診などで実施されるPSA検査という血液検査で簡単に発見できるようになりました。
前立腺がんは、前立腺内にとどまっているがんを早期に発見して適切に治療することで完治が可能な病気です。50歳になったら、定期的に「PSA検査」を受けましょう。

前立腺がんとは?

前立腺は、尿道を取り囲んでいる男性のみにある器官で、精液の元となる前立腺液をつくっています。膀胱のすぐ下にあり、くるみの実のような大きさ・形をしています。

前立腺の内部には分泌腺があり、内腺と外腺に分けられますが、前立腺がんは外腺にできやすいがんです。対して、同じ前立腺の病気である前立腺肥大症は、内腺が腫れる病気です。

初期では尿道や膀胱を圧迫することがないため、ほとんど症状があらわれません。かなり進行すると、排尿困難・頻尿・残尿感などの症状があらわれます。

前立腺がんの症状

前立腺がんは、腫瘍がまだ小さい初期の場合にはほとんど症状が現れません。
腫瘍がある程度大きくなってくると、尿道を圧迫することで、尿がでにくいといった排尿障害や、残尿感、頻尿などの症状があらわれます。
がんが周囲の膀胱や精嚢にまで浸潤すると、血尿がでたり、少し腹部に力が入っただけで失禁したりします。

さらに進行すると、腰の骨や骨盤にがんが転移し、腰痛や座骨神経痛などの症状があらわれます。また、リンパ節に転移した場合には、下肢へのリンパの流れが滞り、下肢のむくみなどの症状がでます。

前立腺がんの原因

前立腺がんの主な原因として、「男性ホルモン」「食生活」「高齢」「遺伝」があげられます。

●男性ホルモン
前立腺は男性ホルモンの影響を強く受ける器官で、男性ホルモンが分泌されると、前立腺の細胞が増殖します。逆に男性ホルモンが減少すると、前立腺の細胞も少なくなります。

高齢になると男性ホルモンの分泌量が減少するため、ホルモンバランスが崩れ、がんが発生するのではないかと考えられています。
●食生活
前立腺がんは、もともと欧米人に多く日本人に少なかったことから、高脂肪食・高タンパク質・乳製品など、食生活の欧米化が原因の1つとして考えられています。
●高齢
前立腺がんの発症は、40歳以下では少なく、50歳から少しずつ増え始め、60歳以上でピークを迎えます。 前立腺がん患者の約90%が60歳以上であるということから、前立腺がんは高齢になればなるほど発生率が高まります。
●遺伝
前立腺がんは遺伝性が認められているがんで、発症の約10%が遺伝的な要素が関係していると考えられています。

前立腺がんの治療法

前立腺がんの治療法には、主に放射線療法・手術療法・ホルモン療法の3つがあります。がんの広がりや悪性度に応じてこれらの治療法を併用して行う必要も出てきます。医師の指導を受けながら、十分に納得した上で、自分にあった治療法を選択することが大事です。

がんの悪性度が低く、広がりやPSAの値も小さい早期の場合は、PSAの値を注意深く見守って経過をみる無治療経過観察(PSA監視療法)を行う場合があります。どのような治療法を行うかについては、がんの進行状態(病期)や合併症の発症の有無などによって異なります。医師の指導を受けながら、十分に納得されたうえで自分にあった治療法を選択することが大事です。

●無治療経過観察(PSA監視療法)
がんの悪性度が低く、広がりやPSAの値も小さい早期の場合は、PSAの値を注意深く見守って経過をみる無治療経過観察を行う場合があります。
前立腺がんは他のがんと比べ進行がゆっくりしているので治療による体への負担を避けるための選択肢の一つです。
●放射線療法
放射線療法は一般的に体への負担が少ない療法です。体の外から放射線をあてる外照射療法と、体の中に放射線源を入れ、中から放射線をあてる小線源療法があります。
●手術療法
手術によって前立腺と精のうを摘出します。手術には、開腹手術、腹腔鏡手術、最近ではロボット手術と呼ばれる方法があります。
●ホルモン療法
ホルモン療法は、前立腺がんを増殖させる働きがある男性ホルモンの分泌を抑制し、前立腺の細胞に男性ホルモンの影響が及ばないようにして、がんを縮小させ進展を防ぐ治療法です。
ほとんどの前立腺がんで有効ですが、時間の経過とともに効果が弱くなり根治することはできないと考えられています。しかし、場合によっては10年以上有効なケースもあります。

前立腺がんは初期の段階では、ほとんど症状が現れないケースがほとんどです。症状がでた場合は、約8割の患者が進行がんの状態で発見されます。
しかし前立腺がんは治療の効果が現れやすいがんで、早期発見することができれば、ある程度進行していたとしても、比較的予後が良いがんです。
前立腺がんはPSA検査で早期発見することができるので、50歳を過ぎたら、1年に一度はがん検診を受けましょう。

関連項目
泌尿器科

前立腺がんの病院・医院・薬局情報

病院なびでは、前立腺がんの治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

前立腺がん以外にも、糖尿病内科、外科、皮膚科、形成外科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 薬局 / 小児歯科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ