ED(勃起不全)の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

EDとは、勃起機能の低下によって、満足な性交がおこなえない状態をいいます。
通常、性的な刺激を受けると、脳による興奮が神経を通して陰茎に伝わります。すると陰茎海綿体の動脈が拡張し、十分な血液が流れ込むことで大きく膨らむのが、いわゆる勃起という現象です。
しかし、血管や神経に何らかの問題があって、海綿体に十分な血液が送り込まれないと、満足のいく勃起が得られず、ED 症状につながります。

EDの原因

●器質性 ED
器質性 ED は、『血管障害によるもの』『神経障害によるもの』『内部分泌機能低下によるもの』に分けられます。 血管障害によるEDは、加齢や高血圧・糖尿病・高脂質症などの生活習慣病などの理由で、動脈硬化が進むことによって起きてしまう ED のことです。動脈硬化になると血管が十分に拡がらず、血の巡りが悪くなり、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まなくなります。

神経障害によるEDの代表的なものとして、糖尿病性神経症、てんかん、脳卒中、パーキンソン病、多発性硬化症などによる神経障害があると ED 症状がでる場合が多くなります。

ED の因子として、内分泌機能の低下も挙げられます。 代表的なのは、加齢やストレス、喫煙、飲酒などが要因で起こる男性ホルモン「テストステロン」の低下です。テストステロンの低下は、勃起力を弱めるため ED につながります。
●心因性 ED
体の機能そのものに問題はなく、心理的・精神的な要因から起こる ED を心因性 ED と呼びます。 うつ病や統合失調症などの精神疾患だけではなく、会社でのストレスや夫婦関係などの問題、 または幼少期のトラウマなど、その原因は人によってさまざまです。
●薬剤性 ED
薬の副作用が原因で起きてしまう ED のことです。抗うつ薬・向精神薬・睡眠薬を服用している人や、高血圧の人に処方される降圧剤を服用している人などに薬剤性 ED が多くみられます。

ED の治療

バイアグラをはじめとする ED 薬の服用が基本です。陰茎の血管を拡張し、血液の循環を良くする作用があります。特定の疾患がない場合には、ほとんどの場合で ED 治療薬の内服で大きな改善が見られます。 また生活習慣病やうつ病などがある場合には、ED を進行させないために、それぞれの原因に応じた対策をとることも重要です。糖尿病や高血圧などの生活習慣病による器質性 ED の場合は、生活習慣の見直しや治療薬で、血糖値や血圧を正常に保ち続けることも大切です。また、心因性EDの場合には、カウンセリングも有効な治療法です。

EDの病院・医院・薬局情報

病院なびでは、ED(勃起不全)の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

ED以外にも、内科、消化器内科、脳神経外科、呼吸器内科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 歯科 / 薬局 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ