読み込んでいます…

高次脳機能障害の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

高次脳機能障害とは

交通事故や脳卒中などで脳が損傷を受けると、集中力や記憶力が落ちたり、怒りっぽくなったりすることがあります。これらの記憶・注意・行動・言語・感情などの機能に障害が残った状態をまとめて「高次脳機能障害」といいます。

こうした高次脳機能障害を持つ方は外見からは分かりにくく、障害を知らない人から誤解を受けやすいため、人間関係のトラブルを繰り返すことも多くみられます。家族や周囲の人がこの障害を理解し、適切な対応を心がけることがとても大切です。

高次脳機能障害の主な症状

高次脳機能障害は、具体的に下記のような症状が現れます。

●失語症
言いたい言葉が出てこない
相手の話している言葉が理解できない
●記憶障害
毎日会っている人の名前を思い出せない
朝起きてから何をしたか思い出せない
●注意障害
気が散りやすい
物事に集中して取り組むことができない
会話や思考がとぎれとぎれになる
●遂行機能障害
周囲の変化する状況に対応できない
思いつきで行動する
状況にあった行動が出来ない
●行動土情緒の障害
急に怒ったり泣いたりする
気持ちが沈みがちになる
周囲のことに関心がなくなる
●地誌的障害
道に迷う
自宅の場所が分からない
●知的機能/思考能力の低下
状況にあった判断が出来ない
難しい話が理解できない など

高次脳機能障害の治療

現在のところ確立された治療法はありません。社会復帰を目指したリハビリテーションが中心となります。課題を与えて注意力を促し集中力を高める訓練や、メモや録音機をつかって記憶力を補助する訓練、運動を伴ったトレーニングなどを行います。

発症から1年後までに適切な治療や訓練を開始した場合には、著しい改善が期待できます。しかし、その後は回復が鈍り、2年以上経過すると固定してしまうといわれています。症状がみられた場合は、早めに脳神経外科を受診することが重要です。

関連項目
脳神経外科

高次脳機能障害の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、高次脳機能障害の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

高次脳機能障害以外にも、薬局、矯正歯科、リハビリテーション科、小児科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 歯科 / 呼吸器内科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ