斜視・弱視の治療/訓練を実施している病院 - 病院・医院・薬局情報

斜視・弱視とは

■斜視

片方の目が見ようとするものを見ているにもかかわらず、もう片方の目が目標と違う方向を向く場合があり、これを斜視といいます。

斜視はこどもの2%くらいにみられる病気です。斜視の原因として、次のようなものがあります。

  • 目の筋肉や神経などの異常
  • 両眼視の異常
  • 遠視
  • 視力不良

≪治療法≫

斜視の原因が遠視の場合には、通常、凸レンズのめがねをかけて遠視を矯正します。
原因が遠視以外の場合には目の筋肉を調節する手術を行うことがあります。手術で目の向きを治しても、両眼視ができない場合には、両眼視のための訓練を行います。
また、斜視から弱視になっている場合には、手術の前や後に弱視の視力増強訓練を行う必要があります。

■弱視

こどもの視力が発達する途中で、物を見る訓練ができなかった場合、視力の発達は抑えられ止まってしまいます。これを弱視といいます。原因としては斜視、遠視などがあげられます。3歳くらいまでに見つかると、治る可能性は高くなります。

≪治療法≫

原因が遠視の場合には、通常、凸レンズのめがねをかけて遠視を矯正します。その他の場合は弱視の視力増強訓練を行う必要があります。視力増強訓練は遮閉法という方法で行います。遮閉法は良い方の目を隠すことによって、弱視の目を無理に使わせようとする方法です。

また、4歳児以上では視能訓練士による器械を利用した訓練を行い治療していきます。

関連項目
小児眼科
眼科

斜視・弱視の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、斜視・弱視の治療/訓練を実施している病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

斜視・弱視以外にも、アレルギー科、耳鼻いんこう科、小児歯科、歯科口腔外科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 婦人科 / 小児科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ